タグ:見所・写真 ( 141 ) タグの人気記事
2日目 鳴門の渦潮、小豆島、寒霞渓
ツアー2日目は淡路島から鳴門海峡を眼下に見おろしながら大鳴門橋を渡って四国へ。
鳴門公園は5月の連休に四国めぐりの時も行きましたが、その時は公園からの眺めだけで、しかもうずはまったくありませんでした。
今回は鳴門海峡を上から眺めたので迫力満点でした。大鳴門橋は2階建てで、上が車道で下を新幹線が走る予定だったそうですが、予算が付かず、電車の走らない橋になってしまいました。でも、下の階は渦潮が真下に見学できるようになっています。ところどころ透明ガラスになっており、足がすくみます。
鳴門公園から大鳴門橋を見上げることができます。ちょうどこの下が瀬戸内海と太平洋の分かれ目で、潮の満ち引きにより渦が見られます。
d0048312_20321014.jpg

電車(新幹線)が通らなくなった1階部分は渦の道として遊歩道になっていて、下の海峡を覗くことができます。(有料)
足元のガラスから。渦が巻いているようないないような・・・・・迫力満点です。
d0048312_20352723.jpg

観光船も渦に向かっています。
d0048312_2037433.jpg

丁度引き潮の時間だったので海は川のように流れていました。この波がしらがぶつかって渦ができるそうです。

渦潮を後に、高松港に向かい、フェリーに乗って、小豆島に上陸しました。
小豆島に到着すると二十四の瞳平和の群像が迎えてくれました。
d0048312_20395491.jpg

小豆島はオリーブが有名です。オリーブ園にはたくさんの種類のオリーブが実をつけていました。
d0048312_2046426.jpg

この後、全山紅葉のすばらしい寒霞渓へ。ロープウエイに乗って頂上まで行きます。
d0048312_20522622.jpg

紅葉はピークを過ぎていましたが、ものすごくきれいでした。残念ながらカメラの設定が悪かったのか逆光かわかりませんが、見た通りの素晴らしい景色は撮れませんでした。
d0048312_20543473.jpg

寒霞渓を後に、二十四の瞳の舞台となった田浦分校を見学、みんな昔の自分に戻って小さな机に座って懐かしんでいました。ツアー客はその年代が多かったような気がします。
d0048312_2056481.jpg

二日目は小豆島のグランドホテル(名ばかりの)で泊まりました。
次の日はいよいよ岡山県です。
[PR]
by mmi331 | 2013-12-04 21:03 | おでかけ | Comments(2)
神戸~倉敷の旅 1日目
2泊3日で神戸異人館、淡路島、小豆島、倉敷をぐるっと回るツアーに参加しました。
1日目は9時発の飛行機で羽田空港から伊丹空港へ。そこからツアーバスに乗ってまずは神戸異人館を散策しました。
神戸異人館は3年前に一人参加ツアーで姫路城へ行ったときにも訪れたことがあります。
その時の写真です
2010年神戸異人館めぐり
この後、グラシアニ(レストラン)は火事にあっています。萌黄の館の暖炉は阪神淡路大震災の時のまま、そして3年前に訪れたときと同じ姿で残っていました。歳月を感じます。

今回は風見鶏の館と萌黄の館だけ見てきました。
風見鶏の館です。
d0048312_203833100.jpg

萌黄の館です。萌黄色をした素敵な館でした。今はどの部屋にもクリスマスツリーが飾られています。
d0048312_20172775.jpg
d0048312_20351163.jpg
お昼は自由昼食だったのでガイドさんお薦めのそばめしを食べました。鉄板焼きの多田さんです。
そばめしは焼きそばと焼き飯を合わせたものです。ステーキもセットでついており、ボリューム満点でした。これで1300円です。ステーキはわさびでいただきます。
d0048312_205916.jpg


神戸異人館を後にし、バスは明石海峡大橋を渡り、淡路島へ。
あわじ花さじきで季節のお花を観賞・・・鑑賞・・・?あれ?お花がちょっぴりしかありません。お花畑は広いのですが、今は花がなく、ストックと葉牡丹だけでした。葉牡丹で模様が描いてあります。
d0048312_202951.jpg

淡路島を縦断し、この日は南淡温泉に泊まりました。
[PR]
by mmi331 | 2013-12-03 20:35 | おでかけ | Comments(4)
秩父 ブドウ狩り
昨日NHKテレビで「秩父山ルビー」と言うブドウのことが放映されていたので、ブドウ狩りに行こうと、秩父に出かけました。
あしがくぼ果樹公園村の琴平農園でブドウ狩りをしました。山ルビーは作っていませんでしたが、他所でももう、無いそうです。
今おいしいのはアーリースチューベンと言う品種のブドウということで、一人600円で園内食べ放題を満喫しました。青空と武甲山を眺めながらほおばったブドウは最高でした。
(私の手ではありませんよ)
d0048312_2082020.jpg

お土産のブドウも自分たちでとり、2かごで1000円と安かったです。
その後、丸山鉱泉、 武甲温泉と、日帰り温泉のはしごをしました。

9月に入ってやっと自分の時間を取り戻し、ラジオ体操も再開しました。久しぶりのラジオ体操で首を回したらゴキゴキと音がしました。あとが思いやられる。
また暑い日が戻ってきました。昨日は帰って行った赤ちゃんたちのお布団干しや、シーツ洗いが短時間で終わって助かりましたが、暑い。
d0048312_20373598.jpg

[PR]
by mmi331 | 2013-09-01 20:38 | おでかけ | Comments(2)
山形さくらんぼ狩り2日間
6日、7日(土日)は山形に行ってきました。
サクランボ狩り2日間というバスツァーですが、一日目に山寺・立石寺へ行く行程なので参加しました。
山寺は2005年に一度訪れていますが、その時は1月で大雪が降り、上まで登れませんでした。
今回は2時間の余裕があったので1015段の階段を上って奥の院まで行ってきました。
バスから降りたときは小雨が降っていたので傘をさして登りましたが、奥の院に着いたころには雨がやみ、少し下って五大堂に着いた時はお天気が良くなり、周りの山々やふもとの街並みをきれいに見渡すことができました。そんなに暑くもなく、素晴らしい景色が見られてよかったです。
山寺入口です。階段わきにずっこけた人がいたのですが、Jtrim「複写」を使って消えていただきました。
d0048312_1983524.jpg

 ↓ 2005年1月の時の写真です。たしか、ブログに載せたと思い、探しましたが、このブログではなく、これ以前のyahooジオログでした。その時に載せた写真をダウンロードしてきました。ブログは便利ですね。
d0048312_19113397.jpg

1015段を上って奥の院まで行ってきました。
d0048312_1914552.jpg

下りの途中で少し階段をそれたところに五大堂があります。ここからの眺めは素晴らしかったです。
d0048312_19183769.jpg

d0048312_19235684.jpg
途中の洞です。いろいろ名前がついていたり、謂れもあるらしいのですが、ちょっとおどろおどろしています。
d0048312_19232620.jpg

 ↓ せみ塚です。有名な芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句の短冊が埋められているとか・・・
d0048312_19275829.jpg

添乗員さんに付いてあわただしく上ったので下りはゆっくりと写真を撮りながら下りました。
 ↓ ふもとの根本中堂です。ついこの前まで御開帳が行われ、大変混んでいたそうです。
d0048312_19355661.jpg

 ↓ 芭蕉と弟子の曽良の像です。
d0048312_19323667.jpg

 ↓ 2005年の時の芭蕉の写真です。寒そうですね。どこに曽良がいるのかわかりませんでした。
d0048312_19333932.jpg

往復2030段の階段昇降でお膝がけらけらと笑っていました。
下のお土産屋さんで食べたソフトクリームと焼きたておせんべいと玉こんにゃくが
美味しかったです。
宿は蔵王温泉ホテルルーセントタカミヤです。久しぶりに硫黄のにおいのする白濁温泉に入りました。とても気持ちの良い温泉でした。足の疲れも取れてゆったりできました。
2日目はサクランボ狩りです。
[PR]
by mmi331 | 2013-07-08 19:44 | おでかけ | Comments(4)
花菜ガーデンのバラのアーチ ・ 勉強会
日曜日に出かけた花菜ガーデンのバラその3
バラ園にはいくつかのバラのアーチや垣根がありました。
バラのトンネルをくぐるとき、バラの香りがして、とっても優雅な気分になりました。
d0048312_21293575.jpg
d0048312_213063.jpg


さて、今日はパソコン勉強会があり、参加者は少なかったものの、有意義なお話が聞けました。
K先生進行で、ハードディスクの容量が少なくなった時の対処法をいろいろ教えていただきました。

1、不要なファイルを削除するソフト(Advanced Uninstaller PRO)や、2、完璧なデフラグソフト(Smart Defrag 2)、3、DドライブをCドライブの一部にするソフトなど。
わたしのXP はCドライブしかないので、3番目はできませんが、
最近極端にハードディスク容量が少なくなってきたので1番と2番のソフトを入れて実行してみました。
5ギガしかなかったCドライブの空き容量が4分の一以上まで回復しました。

今日はご指名で、私も、ブログの保存の仕方、音声編集および、動画→拡張子変換ソフトの紹介、フィードの登録の仕方を皆さんに説明しました。説明がへたくそなのでうまく伝わったかどうかはわかりません。

フィードの登録の仕方
「ツール」→「フィード探索」→「RSSなどクリック」→「(ブログ上部の)「このフィードを受信登録する」をクリック」
[PR]
by mmi331 | 2013-05-21 21:49 | ソフト | Comments(0)
花菜(かな)ガーデン
平塚にある花菜ガーデンに行ってきました。 花菜ガーデン公式サイト
6月30日までローズフェスティバルが開催されています。今日はお天気も良く、大勢の人が訪れていました。
開園は9時なのですが、混雑を見越し、9時前に到着しました。すでに車は並んでいましたが、早かったので駐車することはできました。駐車料金は500円ですが、園内で2000円以上のお買い物をしたり、年間パスポートを求めれば無料となります。
入園料は大人500円、シニア(65歳以上)は300円です。
まず驚いたのは入場券を求めるのに30分もかかったことです。何とかなりませんか?
d0048312_21104621.jpg

やっと入場できて、広場に出たら、思わず歓声があがりました。広場の周り一面に色とりどりの花が・・・
d0048312_21151923.jpg

近づいてみると
d0048312_21154595.jpg

いろんな種類の花が咲いています。
d0048312_21163414.jpg

ポピー、矢車草、エスコルチア、それから、それから・・名前のわからない花々も。
d0048312_21175021.jpg

そして、花の向こうに富士山が見えます。
d0048312_21182515.jpg

園内のあちこちで富士山が見られます。
d0048312_21192418.jpg

それからバラ園に足を踏み入れました。
すごい!今までいろんなバラ園を見てきましたが、こんなきれいなバラ園は初めてです。バラの種類も多いのですが、バラだけでなく、様々な花が一緒に植えられているのでお互いに引き立てあっていて、見飽きず、ため息が出るほどです。紹介しきれません。
ボタンのような大輪のバラや、小さな小さなバラや、色鮮やかなバラや、変わった色のバラが垣根やアーチになって、出迎えてくれます。間に珍しい草花もあって、写真を撮っても撮っても撮りきれないほどです。
とりあえず、何枚かを。
d0048312_21302113.jpg
d0048312_21303983.jpg
d0048312_2130591.jpg
d0048312_21311136.jpg
d0048312_21373135.jpg


最初のうちはバラの名前も撮っていたのですがどうせ覚えられないので花だけにしました。
クレマチスも見事でした。また、おいおいと。
[PR]
by mmi331 | 2013-05-19 21:40 | おでかけ | Comments(2)
四国3日間の旅 1日目
5月4日(一日目)
ツアーの集合が朝6時35分なので、羽田の駐車場に車を止めようと午前3時半に家を出ました。
ゴールデンウィークなので予約は全部満車です。予約の無いP1をまず、ネットでリアルタイム情報を調べたら空車になっています。駐車場管理会社に電話を入れたら4時台に到着すれば駐車できる可能性が大きいとのこと。「高速バスにしようよ~」と言ったけど、ギャンブル好きの連れ合いは「だ~いじょ~ぶだよ~」と、いうことで、停められるほうに賭けて出発。
4時40分ごろに羽田に到着。駐車場は空いていて停めることができました。でも、空港はまだ開いてなくて、車の中で待機。空港で朝食を食べて無事チェックイン。
徳島空港に着いて、まずは鳴門海峡へ。渦潮が見られると思ったけど、渦潮は干満の時刻を過ぎていてチラとも見られませんでした。
大鳴門橋です。干潮、または満潮の時にこの橋の下あたりで渦潮が見られるそうです。
d0048312_19393824.jpg

この後、金刀比羅宮へ。785段の階段を上って本宮まで行って参拝しました。2004年にも一度参拝しています。前回はきつかったけど、今回はガイドさんについて、説明を聞きながらゆっくり上ったので疲れませんでした。
本宮です。証拠写真
d0048312_19562894.jpg

境内から讃岐富士(飯野山)が見えました。お天気が良かったので四国の山々はどこもとてもきれいでした。
d0048312_19582829.jpg

宿は道後温泉の「つかさビューホテル」です。あれ?9年前のホテルと同じです。違うホテルに泊まりたかったナ。
ゴールデンウィークとあって、「ぼっちゃん」も入ったという道後温泉本館はずらーっと人が並んでいて、2時間待ちだとか。9年前に入っているので今回は本館に行きませんでした。同じツアーのタフな人は次の日の朝5時から1時間並んで入ってきたそうです。
私たちは早々と寝て明日の四万十川の舟下りに備えました。
[PR]
by mmi331 | 2013-05-08 20:13 | おでかけ | Comments(4)
南九州3日間 3日目 鹿児島(長崎鼻 池田湖 知覧)
南九州3日間の旅、3日目は指宿に泊まった後、薩摩半島へ

指宿温泉では砂蒸し風呂に埋まった後はすぐ隣にある温泉に入りました。ここの温泉は塩分が多い、濁った温泉で、中が見えません。よくかけ湯をしてから上がらないと、体がかゆくなります。

d0048312_2075071.jpg
朝食の途中で朝日が昇り始めました。

レストランからの眺めはまるで、ハワイかグアムのようでした。
南国ですね~。日本の冬とは思えません。


指宿を後にし、薩摩半島の南端、長崎鼻へ。
途中、薩摩富士と言われる開聞岳が見えてきました。きれいな山です。
d0048312_20145312.jpg

長崎鼻の先端はごつごつした岩場です。どこからでも開聞岳の勇壮な姿が見えます。
d0048312_20171925.jpg
長崎鼻を後にし、イッシ―で有名な(?)九州最大のカルデラ湖、池田湖へ。
ここには世界一大きな大ウナギがいます。天然記念物なので食べることはできませんが、大味だそうです。
d0048312_20294269.jpg

池田湖からも開聞岳が見えます。菜の花がよく似合います
d0048312_20325454.jpg

この後最後の観光地知覧へ。
最初に特攻平和会館を見学しました。ここは写真撮影禁止です。
特攻隊員の遺書や絶筆などが展示されています。
お昼は地鶏うどんを食べ、おいしいと評判の知覧茶を買いました。
その後、知覧武家屋敷を散策しました。芸術的に刈られた生垣や植木を見ながら、歩きましたが、手入れが大変だろうな~と、実際に住んでいる人のご苦労を思いました。
とにかく庭も眺めも美しい屋敷並です。
d0048312_20564590.jpg

知覧を後にし、屋久杉工房や、かるかん、さつまあげの工場(休業中)や、焼酎製造元などを見学しながら鹿児島空港に向かいました。
暖かくて、おいしくて、景色のよい南九州3日間を満喫しました。好天に恵まれたのが最大の幸運でした。
[PR]
by mmi331 | 2013-02-13 21:03 | おでかけ | Comments(2)
ぽかぽか南九州3日間 2日目 鹿児島(霧島 仙巌園 桜島)
ツァー1日目は宮崎の観光地を巡り、霧島温泉で宿泊しました。
「霧島温泉スパヒルズ」です。部屋から桜島が見えました。夕食も朝食も和食中心で胃にもやさしく、おいしかったです。鹿児島と言えば黒豚。
d0048312_22114075.jpg

温泉は源泉かけ流しで湯量が多く湯の花がたくさんあって硫黄のにおいがする、温泉らしい温泉でした。
2日目の朝、ロビーでバスの出発を待っているとき、桜島が噴火しました。貴重な瞬間が見られて感動しました。【ホテルのロビーから】
d0048312_2216351.jpg

こんなにはっきりとした噴火が見られるのは幸運だとガイドさんが言っていました。・・・この先も・・・
朝いちばん、霧島神宮に行きました。坂本竜馬も参拝した神宮です。
d0048312_22212357.jpg
境内にある大きな杉のご神木に神様が宿っていました。神様に見えます?
d0048312_2223270.jpg

この後、車窓から遠く、新燃岳の噴煙も見られ、また、近くなった桜島を眺めながら、鹿児島市内へ向かい、島津家の別邸、仙巌園へ行きました。
広大な庭園からも桜島は眺められます。庭園は美しくここでも寒緋桜が咲いていました。ぢゃんぼ餅は美味しかったです
d0048312_22534910.jpg

 d0048312_22575436.jpg

お殿様と嫡男しか通れなかったという御門です。今は私でも堂々と通れます。


仙巌園を後にしていよいよ桜島へ

錦江湾に浮かぶ桜島 10時31分 錦江湾にはイルカが住み着いているとのことだったので目を皿にして探しましたが、今日は現れませんでした。
d0048312_22324643.jpg

フェリーに乗る少し前、また桜島が噴火しました。
d0048312_2333355.jpg
ガイドさんによれば日に何度も噴火が見られるのは運がいいそうです。こちらの人は噴火と言わず、「噴いている」と言うそうです。
フェリーに乗って桜島へ。桜島は火山灰が多く、靴も真っ白になってしまいました。生活する人は大変ですね。
d0048312_22345188.jpg

桜島で昼食を食べ、またフェリーで鹿児島市内に戻り、指宿の宿へ。
帰りのフェリーでまた桜島が噴火しました。今年130回目の噴火だそうです。
d0048312_23105016.jpg

指宿のホテルでは砂蒸し風呂を楽しみました。ホテルの中にあり、描いていたイメージとは違っていました。すぐ横にお風呂があって、それはそれでいいのですが、あまり熱くなく、ちょっと物足りなかった。
[PR]
by mmi331 | 2013-02-12 23:11 | おでかけ | Comments(2)
南九州3日間 一日目 宮崎(青島 鵜戸神宮 飫肥)
8日から10日まで南九州3日間の旅に行ってきました。
宮崎、霧島、指宿、を巡るツァーですが、本当の目的は日曜(10日)に宮崎にいる長男一家に会うためで、3日目が宮崎観光になっているツァーをあえて探して申し込みました。
ところが、間際に届いた日程は宮崎観光が1日目(金曜日)になっています。これでは仕事や学校があるので会えません。素直に宮崎だけ行けばいいものを飛行機代は高いし、ついでに鹿児島も行きたかったし・・・・
二兎を追うものは一兎をも得ず
でも、空港にお嫁さんだけ出迎えれくれました。会えないと思っていたのでお土産も持たずに来たのに、いっぱいお土産をもらってしまいました。
ちょうど、ガンバ大阪の選手たちもキャンプのため宮崎空港に到着していました。ほら、遠藤選手よ、今野選手よ・・・と言われてもどの人がどの人だか・・・・(^_^;)

さて、お天気も良く、気温4度と聞いていたけれど、日差しはポカポカと暖かく南国らしい宮崎です。
1日目は青島神社、鵜戸神宮、城下町飫肥の散策です。
青島神社は山幸彦、海幸彦伝説の舞台です。島は橋と砂浜でつながっており、海岸は鬼の洗濯岩と言われる奇岩が連なっています。この岩は面白い形や模様をしていますが、すべて自然が作り出した模様です。
d0048312_2150499.jpg

d0048312_22105484.jpg
神社の横手から亜熱帯植物の群落の中を進むと奥に元宮があります。
d0048312_22172068.gif裏手には投瓮所があり、土器のお皿を投げてうまく入れば恋愛運がいいとか。縁結びのご利益があります
一枚買って投げてみました。惜しいところで砕け散ってしまったのでもう一枚買って投げたら、明後日の方向に飛んで行って手前の木にぶつかって砕け散ってしまいました。夫が横で大笑いしていました。


d0048312_22275116.jpg
次は鵜戸神宮です。岩屋の中に社が立っています。すぐ前は海。やはり奇岩がそそり立っていますが、海の青と神社の赤のコントラストが美しいところです。

岸壁の下の岩場にしめ縄で囲ったくぼみがあり、その中に願いを込めた運玉を投げ入れて、入れば願いがかなうといいます。運玉は5個100円です。試してみました。男は左手で、女は右手で投げ入れます。5個のうち、最後の一個が入りました。イェイ
d0048312_2229186.gif

日南海岸を通り、次に訪れたのは城下町飫肥です。九州の小京都と言われています。
なんと、桜が満開!寒緋桜と河津桜が咲いていました。
d0048312_2235311.jpg

この後は霧島温泉の宿でゆっくりしました。
宮崎空港でお嫁さんからもたっら旅のお供の数々です。おかげでおいしく、楽しいバス旅でした。
飲み物は宮崎茶と焼酎です。つまみはごぼうチップス(ゴボチ)など、宮崎特産のものです。そして、この「きんかんたまたま」Excellentは糖度18の最高級のキンカンです。ガイドさんの話では一粒200円もするとか。甘くて種が2つしかなく(ふつうは5,6個あります)、おいしかったです。
ガイドさんから焼酎をマンゴースコールで割るとおいしいと聞いたので途中でマンゴースコールを買いました。でも、ちょっと甘かったのでマンゴースコールはそのまま飲んだ方がおいしいです。
d0048312_22444648.jpg

[PR]
by mmi331 | 2013-02-11 22:45 | おでかけ | Comments(8)