タグ:ピクトベア ( 227 ) タグの人気記事
PictBearSEで透過gif出来ました!
いつもお世話になっているma-komさんがコメントでPictBearSEでの透過gifの作り方を教えてくださいました。(昨日のコメントです)
パレットというツールは初めて見ました。ほんとにうれしいコメントでした。
今まで、背景を透過にしてgifで保存しようとしても、下の表示が出て、保存できませんでした。
d0048312_20593061.gif

PictBearはヘルプに操作の仕方など書いてないので(書いてあってもたぶん理解できないのですが)自分でいろいろやってみて、出来ることだけやっていました。
でも、、これではいけないと思い、検索をしたら、透過の方法もありました。
あやうくpictbearの機能を過小評価してしまうところでした。ma-komさん、ありがとうございました。

早速pictBearで作った透過gifです。
周りを赤で塗りつぶし、イメージをインデックスカラーに変換、パレットから「透過色の設定」をクリック、赤色をクリックしてOKです。うまくいきました。
d0048312_2114483.gif

jpg画像からもやってみました。
周りを自動選択で削除し、残ったところも消しゴムで消します。(または背景色で塗る)
あとはインデックスカラーにして同じように透過します。
d0048312_21194868.jpgd0048312_212034.gif



                 やっほ~~~
d0048312_21363266.gif

[PR]
by mmi331 | 2007-03-02 21:20 | 画像加工 | Comments(0)
コルクボードに画像貼り付け
「パソコンで遊びた~い」のma-komさんのコルクボードと、写真の貼り方は勉強になります。
ma-komさんはJtrimでコルクボードを作り、それをワードで呼び出し、ボードの中に写真を貼り付ける方法をとっています。傾きなど、自由自在ですね。
私もJtrimでやってみようと思いましたが、出来ませんでした。あえなく撃沈です。
コルクボードは茶色で塗りつぶし、テクスチャのコルクを適用して何とかできたのですが、写真を傾けて貼ることが出来ませんでした。傾けなければ何とかできるのですが・・・・
今度はPictBearでやってみました。
出来るのは何とかできるのですが、かなりめんどくさいです。
d0048312_2029298.jpg
どこか間違っているのだと思いますが、一応忘れないように書き留めておきます。
コルクボードを開いておき、貼り付ける画像の縮小、傾き(回転)をかけ、、全選択、コピー、ボードに貼り付け、傾きで出来た白いところは「自動選択」で切り取りまたは削除。枠は直線でブラシの大きさを決め、描く。元画像のあるページです。
かなり面倒ですね。やはり、ワードでやるのが正解です。透過gifも貼れます。
d0048312_20304321.jpg

PictBearで、レイヤーを利用しながら貼り付け、透過。
なんで、コルクボードにバラなんだ??って、つっこまないでください。
d0048312_20373168.jpg
サニークロスのブラシはだいぶ前にseiraさんのサイトからダウンロードさせていただいたものです。
いまは、そのサイトは見つかりません。保存しておいてよかった!
元画像のページです。「戻る」で戻れません。ブラウザのxで戻れます。
画像をアップロードするとその分容量が減ってしまいますが、これだと大丈夫なことに気が付きました。・・・

200811月11日追記:JTrim・コルクボードの作り方(HP)
[PR]
by mmi331 | 2007-02-26 20:21 | 画像加工 | Comments(0)
合成
このブログを訪れてくださった方のホームページに素敵なグラスの合成写真がありました。
ホームページビルダー付属ののウェブアートデザイナーで作られたそうです。
私のパソコンにはホームページビルダーは入っていません。したがってウェブアートデザイナーもありません。
だけど、作り方を教えていただいて、あ、これならPictBearでも出来る!と思いました。
まず、グラスの写真を用意します。我が家ではワインを飲む習慣が無いので適当なグラスを探すのに苦労しました。・・・普通のグラスです。(^_^;)
背景は今、旬の桜草(プリムラ)とお雛様です。
初めてにしては上出来の合成写真が出来ました。d0048312_91253100.jpg
d0048312_914231.jpg

作り方は
まず、背景となる(グラスの中に入る)写真とグラスの写真を用意します。
背景画像の上にグラスの写真を乗せ、グラスの中を消しゴムで消していきます。
これは、レイヤー機能のあるソフトで出来ます。グラスを重ねたら透明度を調節して消しゴムを使いやすいようにします。

d0048312_9283644.jpgまた写真の順番が、逆でも出来ます。
実は最初、やり方を逆にしてしまって、
う~ん!??!??!?だったのですが、これはこれでまた味があり、応用しだいで素敵な画像が出来ると思います。
グラスの写真の上に背景画像を乗せ、グラスの周りを消します。
花の写真が小さすぎました。

で、もう一度花の写真を乗せたら大きすぎました。(ーー;)

元画像ですd0048312_9382543.jpgd0048312_9391830.jpg

d0048312_9544332.jpg

[PR]
by mmi331 | 2007-02-20 09:15 | 画像加工 | Comments(0)
忘れた
自分で作ったのに作り方を忘れてしまった加工画像がときどきあります。
これなんかもそうです。いろいろ試してもわからなかったのですが、ファイル名を見てやっとわかりました。syadou.jpg・・・shadowじゃないところが私らしい。はずかし。。。
d0048312_2327241.jpg

そのときは覚えているからいいと思うのですが、やはり歳月とともにすっかり忘れてしまいます。
やっぱり、書いておかなくちゃ。

下は上の画像を作りたくていろいろ試しているうちに出来た画像です。
種から育てたデージーがやっと咲きました。
d0048312_23291477.jpg

後でわかったことですがまったく作り方は違います。
これはぼかし(透明)枠と貼り付け画像のぼかしだけです。

下の写真が元画像です
d0048312_23313493.jpg

[PR]
by mmi331 | 2007-02-13 23:34 | 画像加工 | Comments(0)
色変化
JtrimではHSVカラー調整の「色相」を使って花色を変えることが出来ます
あまりやりすぎると気持ち悪くなりますが・・・・
これは元画像の色です
d0048312_23361924.jpg

色相を右にスライド
d0048312_2337402.jpg

また、PictBearでは、貼り付けレイヤーで同じ画像の中で変化させることが出来ます。
左上はリニアライト、右上はピンライト、左下はスクリーンです。
d0048312_23411842.jpg


ちびっ子軍団の滞在で、パソコンがなかなか開けられない~~
[PR]
by mmi331 | 2007-02-12 23:38 | Comments(0)
レイヤー
レイヤーをすこしづつ覚えていこうと思います。(フリーソフトPictBearSE使用)

d0048312_23245168.jpg

まずはシンプルに。

レイヤーを一枚追加して透明度を上げました
選択範囲の反転→塗りつぶし→透明度設定
その後、立体枠をつけました。


レイヤーのオンパレードです。
d0048312_23291463.jpg
本来のレイヤーの使い方とは違うようですが・・・・
[PR]
by mmi331 | 2007-02-10 23:33 | 画像加工 | Comments(0)
画像切抜き 2
Jtrimで切り抜き出来ました。
d0048312_10351186.jpg
テクスチャを利用すればよかったのですね。
だけど、大きさが決まってしまうので、何とか考えなくっちゃ。
ハートだけでなく、いろんな形のテクスチャが利用できて面白そうです。
Jtrimで遊んじゃお!のページを参考にさせていただきました。
それから、ハートの形でしたら、パソコンで遊びた~い!のマコさんのブログもとっても参考になります。


これはPictBearSEですが、いろんな形が出来そうですね。d0048312_10454891.jpg

d0048312_10532370.gif透過に失敗しました(^_^;)



自由切抜きです。
d0048312_10485623.jpg

かわさきガーデナー認定式でいただいたサイネリアの花です。
[PR]
by mmi331 | 2007-02-09 10:37 | Comments(0)