7月15日(土) ゴミ箱完成
トールペイントのごみ箱が完成しました。月に2回しかない教室なのに家で全く作業しないから時間ばかりかかってしまいました。これでようやく重たい荷物から解放されます。
まず、側面の4面を仕上げ、上蓋にも同じような絵をかきました。さぁ、それから組み立てるのが大変。
底板と4面の溝にボンドを塗って、ぴったり合わせて、乾くまで形が崩れないようにひもで縛っておきます。
d0048312_17110712.jpg
ボンドが乾いたら上蓋を載せて完成です。
d0048312_17112281.jpg
ごみを入れるのがもったいないわ・・・と、皆さんおっしゃいましたが、わが連れ合いは「これもゴミだな」だって。失礼な!!

[PR]
# by mmi331 | 2017-07-15 17:13 | トールペイント | Comments(2)
7月14日(金) コスモス
コスモスがこの暑さにもめげず2つ目の花を咲かせました。
d0048312_18290796.jpg
4日前にSさんから頂いたコスモスの種を蒔いたら、もう,芽が出てきました。
「今から撒いて花が咲くの?」ってきいたら、「大丈夫よ、これは丈も低くてプランターでも大丈夫!」とのことでした。私は自然に出てきた芽や昨年の種を蒔いて育てるのでお金は全くかかりません。
でも、Sさんは珍しい花などを種苗店でわざわざ購入するほどの花好きで、畑には様々な花が咲いています。
責任重大です。今年中に花が咲くかな?
d0048312_18362673.jpg
d0048312_18363652.jpg
以前、どこかの公園でワイルドフラワーの種をいただきましたが、すっかり忘れていて、時期が過ぎてから撒きました。キンギョソウも入っていたらしく、この暑さでか枯れてしまいました。見慣れない苗が何株か出てきたので寄せ集めて別のプランターに植えましたが、なかなか花が咲きません。何やら雑草のような気配です。
d0048312_18411012.jpg
葉の根元や、茎の間からごく小さな「花らしきも」のが出てきました。
d0048312_18423966.jpg
さる尊いお方が「雑草という名の草はない」とおっしゃいましたが・・・・

[PR]
# by mmi331 | 2017-07-14 18:44 | Comments(0)
7月13日(木) 朝顔
きょうも暑い一日でした。朝から28度を超え、熱風が吹いているので湿度がありながら土はからからです。
それでもプランターの朝顔は朝だけ元気です。お昼にはぐったりしていますが、朝になればちゃんと花を咲かせています。えらい。
今朝の我が家の朝顔です。昨年色別に種をとらなかったのでどんな色が出てくるかは咲いてからのお楽しみです。
d0048312_21394873.jpg
d0048312_21403773.jpg
一才百日紅も咲き始めました。百日紅は暑さにも強いので水やりを忘れても元気です。
d0048312_21422336.jpg

[PR]
# by mmi331 | 2017-07-13 21:42 | Comments(0)
7月12日(水) 東北旅行3日目(7月9日)
ツァー3日目は竜飛埼温泉を出発して津軽鉄道の津軽中里駅に向かいました。津軽鉄道は津軽五所川原駅から津軽中里駅を結ぶ奥津軽の鉄道です。ストーブ列車として有名です。今回は夏なので風鈴列車でした。ほたる列車とか生ビール列車とかもあるようです。
一両編成で、一般車両なので座席の確保は出来ないということでしたが、日曜日のためか、一般のお客さんはほとんどいなくて、貸し切り状態でした。乗ったのはメロス号です。
d0048312_14342539.jpg
車窓からの景色は緑が多く、のんびりとした風景です。タバコの畑がありました。花が咲いています。ピンク色のきれいな花だそうですが、ちょっと遠くてよくわかりませんでした。
d0048312_14375157.jpg
金木駅で降り、津軽三味線発祥の地で津軽三味線を聞いてきました。 
津軽三味線会館
d0048312_14423463.jpg
津軽三味線会館のすぐ隣に太宰治の生家でもある「斜陽館」があります。
今は 太宰のふるさと 太宰ミュージアムとなっています。
ここでのオプションのお昼ご飯は頼まなかったので斜陽館をゆっくり見ることが出来ましたが、お昼を食べそこなってしまいました。
この後はバスで五所川原の立佞武多の館に行き、高さ22メートルもある立佞武多を見学してきました。
d0048312_14524525.jpg

五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭りは、青森県五所川原市で8月4日から8月8日に開催される祭りです。「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、高さが最大で20mを超える山車が運行されます。
ちなみに東北5大祭りとは青森のねぶたまつり、秋田の竿灯まつり、仙台七夕まつり、岩手盛岡のさんさ踊り、山形の花がさ祭りだそうです。

最後の観光名所「鶴の舞橋」を渡りましたが、東北も30度を超える暑さで、早く冷房の効いたバスに乗りたいと思いました。
鶴の舞橋は吉永小百合さんがJRの「大人の休日倶楽部」のコマーシャルで出ているそうです。今度よく見てみよう。

d0048312_15123106.jpg
全工程を終え、盛岡から新幹線で東京に戻ってきました。今まで東北は「玉川温泉」「奥入瀬渓流」「弘前城」「角館」など行ったことがあります。今回は日本海側ということで食べ物ががおいしかったし、温泉も良かった。今度はまだ行ったことがない下北半島と三陸海岸に行きたい。

[PR]
# by mmi331 | 2017-07-12 15:24 | Comments(2)
7月11日(火) 東北の旅2日目
2日目(7月8日)は白神山地の散策と龍飛埼に向かいます。
そうそう、1日目の夕飯には男鹿名物の石焼き料理の実演がありました。魚のあらが入った水桶に1000度に熱した石を入れ、豪快に沸騰させてあらに熱を通し、ねぎも石で焼いてみそを入れて、完成です。美味しかったです~
d0048312_21071432.jpg

さて、次の日の朝、男鹿温泉郷を出て、バスで白神駅に行き、五能線に乗って白神山地に向かいました。
五能線「リゾートしらかみ」です。全車指定席です。車窓からの眺めはとても良かった。お天気も良く、穏やかな日本海を眺めることが出来ました。
d0048312_15030790.jpg
d0048312_15033748.jpg
十二湖駅で降り、そこからバスで白神山地十二湖に向かい、ブナ林や、青池を散策しました。青池は神秘的なコバルトブルーの池です。どうしてこんな色になるのかわからないそうです。
d0048312_15101746.jpg
世界遺産となっている手付かずのブナ林には入れませんの入口付近のブナの林を散策しました。
d0048312_15272172.jpg
新鮮な森の空気を一杯吸った後は、アオーネ白神十二湖でお昼です。イトウのいとこ丼はヘルシーで美味しかったです。
d0048312_15301995.jpg
d0048312_15303546.jpg
白神を後にバスはひたすら龍飛埼に向かいます。途中、千畳敷に降り立ち、潮風を浴びてきました。千畳敷は実際にお殿様が畳千畳を敷いて宴を開いたそうです。
d0048312_15331802.jpg

次に高山稲荷神社に立ち寄り、長い階段をのぼり、千本鳥居(実際は200本ぐらい)をくぐってお稲荷さんに会ってきました。


d0048312_15402064.jpg
d0048312_15411349.jpg
d0048312_15421117.jpg
d0048312_15423749.jpg
この後は一路龍飛埼に向かいます。

車窓から道路のすぐわきに七つ滝が見えました。
d0048312_15342165.jpg
津軽半島の突端、龍飛埼からは津軽海峡が見渡せ、下北半島、北海道がうっすらと見えます。
すぐ下には石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の歌碑が立っています。ボタンを押すと2番の歌詞が流れます。
d0048312_15483395.jpg

すぐわきに階段国道があります。全国で唯一車が走れない国道です。海辺の小さな集落に続きます。
d0048312_15554274.jpg
2日目の観光を終え、龍飛埼で唯一のホテル「ホテル竜飛」に宿泊。露天風呂からも津軽海峡越しに北海道が見えた。青函トンネル工事「海峡」のロケで高倉健さんや吉永小百合さんも泊まったというホテルです。♪
d0048312_16063441.jpg

[PR]
# by mmi331 | 2017-07-11 16:07 | Comments(0)