<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
朝顔が咲きました
昨年の種をまいた朝顔が咲きました。
ところが、連れ合いが色別に保存しなかったので赤ばっかりです。 汚い背景を隠すのに苦労しています
d0048312_15494880.jpg
d0048312_15502665.jpg

さて、明日は母の7回忌なので今晩夜行の高速バスで金沢まで行き、法事が終わった後、富山の夫の両親のお墓詣りをし、明日の夜行高速バスで帰ります。
こんなハードスケジュール、いつまでこなせるかしら?
ゆったりとしたお休みがほしいものです。・・・・今はまだ、お仕事、お仕事。
[PR]
by mmi331 | 2012-06-30 15:55 | Comments(2)
Excelで アジサイ
写真を見ながらアジサイを描いてみましたが、む、むずかしい。
やはり、写真の加工のほうがやさしいわ。  Excel2010の「効果」を使っています
d0048312_2047458.jpg

[PR]
by mmi331 | 2012-06-29 20:48 | エクセル画 | Comments(2)
アジサイ寺 妙楽寺
過去のことになってしまいましたが、日曜日はアジサイを見に歩きました。
北海道旅行で大枚をはたいてしまったので節約です。

まず、バスで県立 東高値森林公園へ行き、森林浴をしました。お金がかかりません。アジサイの小道を歩きましたが、この後アジサイ寺へ行くので写真は我慢です。
ユリ、勿忘草、ホタルブクロ・・・・あと、この水生植物の名前がわかりませんでした。変わった花が咲いていました。
PhotoScapeのページ使用。
d0048312_18462781.jpg

森林公園から歩いてアジサイ寺で有名な妙楽寺へ行きました。7日がアジサイまつりとかで、今日は割合人が少なかったように思えます。
アジサイは見ごろでした。あまりにもたくさんのアジサイがあったので名前もわからず、ただ写真だけ取りました。PhotoScapeの「ページ」はたくさんの写真をアップするとき便利です。
d0048312_1993487.jpg
d0048312_199471.jpg

アジサイで目の保養をした後、生田緑地に向かいました。
途中、藤子不二雄ミュージアムの前を通りかかったらちょうどドラえもんバスが止まっていました。このミュージアムは完全予約制でチケットはローソンでしか買えないとか。
d0048312_1961170.jpg

生田緑地の中にある民家園に入り、おそばを食べました。しまった、お金を使ってしまった。(^_^;)
この古民家の中でおそばが食べられます。  生田緑地公式ホームページ
d0048312_19133297.jpg

民家園の中では様々なイベントがあり、今日はわら細工(ぞうり、蓑)と竹細工(箕)の実演がありました。
ちょっとメタボのおじ(ぃ)さんが試着
d0048312_19161859.jpg

お口直しにアジサイの「花」を
d0048312_1917503.jpg

この日は16,000歩も歩きました。ちょっと歩きすぎで足が痛くなりました。何事もほどほどに。
[PR]
by mmi331 | 2012-06-28 19:19 | おでかけ | Comments(2)
ハマナスのお絵かき
YOMIURIONLINEのハマナスの丘、後半の背景をやっと描き終えました
YOMIURIONLINE→新大人総研→wordでお絵かき→~ハマナスの丘を描こう~海の風景【後編】 からお勉強
d0048312_21163293.jpg
ついでに北海道で撮ったハマナスも合成しました。テクスチャ・コンクリートをかけて
d0048312_21182031.jpg

ワード絵は遊び甲斐があります。word2010の効果とJtrimのフェードアウト使用。
・・・楽しい。利尻島、礼文島を思い出しました。
d0048312_21192575.jpg

[PR]
by mmi331 | 2012-06-27 21:21 | Comments(0)
勉強会で いろいろ  SDカード
今日は月2回のパソコン勉強会の日で行ってきました。
特にテーマは無く、日ごろから持っている疑問や問題点についてわかる人が教えてくれるというものです。
今日は大先輩のNさん(女性)がモデレートとして進めてくださいました。
(実は私、モデレートってどんな意味か分かりません(^_^;)
私も最近のトラブルをご相談しました。
新しいニコンのデジカメを買ったのですが、利尻、礼文旅行に持って行った際、1日半で電池切れになってしまい、カメラは使えませんでした。昔のように乾電池を入れ替えるのではなく、バッテリー充電なので外出先で切れたらアウトです。・・・ふつうこんなに早くなくなりますか?以前の富士フィルムのカメラは1週間ぐらいもったので、ちょっと納得がいかなかったのです。
大きなサイズで撮ると電池の減りが早いこと、充電器を持って行った方がいいというご意見、そして、なるほどと思ったのはバッテリーの予備を持って行くということです。Nさんの提案ですが、これならかさばらずに済みますね。3人寄れば文殊の知恵です。
それから、もうひとつ。3日前からそのカメラのSDカードがSDカードスロットに差し込んでもパソコンで認識しなくなりました。カードリーダーに入れてUSB接続すればちゃんと認識して、写真を保存することはできます。
でも、せっかく便利なSDカードスロットがあるのに使えないのは不便です。デバイスマネージャーを見ても×はついていません。
もしかしてSDカードのほうで画像を消去したからかなぁ・・・もしくは「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックしないで取り外したかなぁ・・・と思い、カメラのほうで全画像を消去し、もう一度「安全な取り外し」をクリックしてから取り外したところ、また、認識されるようになりました。
この原因を教えていただきたかったところ、ちょうど、SDカードからの保存の仕方を勉強したので、わかりました。両方ともやってはいけないことでした(^_^;)
と、満足して、今も、SDカードを差し込んだらまた認識しません。・・・・・USBメモリと同時に差し込んだ時もこの現象は起こります。自分で問題を作って、自分で解決しました。
認識したり、しなかったり。結局接触が悪いのかもしれない。Nさんから、更新プログラムをダウンロードするといいと、メールでアドバイスをいただきました。全然認識しなくなったら、試してみようと思います。

宮崎から送ってきためろめろメロンです。赤肉と普通の両方送ってきてくれたのですが、丁度届いたときにようちゃんが遊びに来て一個持って行きました。赤肉のほうを持って行かれました。でも、こちらもほっぺが落ちそうなくらいおいしかったです。う~ん、最近食べ物贅沢三昧。
超新星模様にフォトエディターの効果(ステンドグラス)使用。
d0048312_2016815.jpg

[PR]
by mmi331 | 2012-06-26 20:19 | エラーとトラブル | Comments(2)
利尻 礼文の旅 利尻島(その他)
利尻島は島全体が一つの山です。利尻山は海抜0メートルから1721mまでの高さで聳え立っています。頂上まで登るには本格的な登山装備が必要なので今回は周囲をぐるっと観光バスで回りました。

早朝ホテルの周りを散策したら、民家に咲いているライラックの花を見つけました。大きくて鮮やかでした。
d0048312_1951026.jpg

漁師さんが朝早くから仕事をしていました。漁師小屋のわきのフキは大きいのなんのって・・・
d0048312_19102243.jpg

そうそう、イタドリも半端じゃなく大きいです。普通に撮っていますが私の背をはるかに超えています。
d0048312_19113982.jpg

北海道ではまだ、八重桜があちこちに咲いていました。ホテルの庭で。
d0048312_19125028.jpg

姫沼です。沼と湖の違いは水深が5メートル以上あるかないかで、名称が違うそうです。利尻島には湖がありません。沼です。ちなみに礼文島では水深6メートルの久種湖があります。
下は利尻島の姫沼です。周囲を20分かけて森林浴をしました。空気がおいしかったです。
d0048312_19285374.jpg

礼文島では海岸線に猫岩がありましたが、利尻島ではクマ岩と人面岩があります。(車窓から)
d0048312_19232210.jpg

北海道ではカモメもウミネコも総称で「ゴメ」と呼びます。その、ゴメの営巣地を通りました。動画で撮ったのですが、あっという間に終わったので画像にしました。
d0048312_1931344.jpg

最後にペシ岬展望台に行きました。時間が無くて頂上まで行けませんでしたが、眺めは良かったです。
d0048312_19375483.jpg
3日目(19日)の利尻山は雲に隠れて全容は見せてくれませんでした。これが普通らしいです。ペシ岬展望台から利尻山を望む。
d0048312_19395464.jpg

同じツァーの人たちも同じくらいの年代で、楽しく、リラックスできました。花や景色を沢山楽しんだのでお土産を買う時間がありませんでした。利尻昆布を少しだけ。

d0048312_1947048.jpg

でも、最初に行った稚内公園でスカーフを買いました。歩くと暑いけど、風が冷たく、ちょうど入ったお土産屋さんで1050円と、安かったので買いました。綿70%、シルク30%で肌触りも良く、首に巻いて日焼け防止にもなるのでこの先ずっと重宝しました。くるくるたたむと掌に収まり、バックにも入ります。

(^_^;)最後にお目汚ししました。

機会があればもう一度行ってみたい礼文島、利尻島でした。
[PR]
by mmi331 | 2012-06-25 19:55 | おでかけ | Comments(0)
利尻、礼文の旅 その他(礼文島)
礼文島、利尻島では花の他にも見どころはたくさんあります。山も海も美しい島です。

礼文島
猫岩です。猫が向こうを向いているように見えますか?
d0048312_2017397.jpg
元ニシン番屋。今は民宿となっています。
d0048312_20231730.jpg

展望台から
d0048312_20203156.jpg
d0048312_2028554.jpg
↓ スカイ(澄海)岬 海の水が澄んでいて、海の底まではっきりと見えます。ハワイのハナウマ湾を思わせる湾です。
d0048312_2025518.jpg

スコトン岬からトド岩を望む トド岩とはトドに似ている島ということではありません。・・・・・なんだったっけ?忘れました(^_^;)
d0048312_20414723.jpg
お昼ご飯を食べたところの金田岬の沖合いにはゴマフアザラシが遊びに来るそうです。運が良ければみられるということで楽しみにしてきました。
じゃ~ん、運がよく、沖合でイナバウアーを披露しているゴマフアザラシを見ることができました。ズームで撮っています
d0048312_2050553.jpg

夕方、利尻島に渡り、北国グランドホテルに入りました。夕食時、レストランから見えた利尻山です。夕日に輝いてとても綺麗でした。
d0048312_2057531.jpg

また、この後、ホテルの無料「星の観察会」に参加しました。主な星がしっかり見え、人工衛星も2機飛んでいるのが見えました。(写真はありません)北斗七星、北極星、カシオペア、白鳥など、子供のころ見た星空を懐かしく思い出しました。火星、土星、織姫(ベガ)、彦星(アルタイル)も見えました♪


明日は利尻島を
[PR]
by mmi331 | 2012-06-24 20:59 | おでかけ | Comments(2)
利尻、礼文の旅  利尻島
2日目は礼文島を後にし、フェリーで40分、利尻島に到着しました。
夕食は普段食べる量の3倍ぐらいあり、しかも毛ガニが丸ごと1匹付いており、しかもしかも地元の魚介は皆新鮮でおいしい。結局全部平らげてしまいました。この旅行で2キロ体重が増えました。
2日目の夕食です。
d0048312_19503145.jpg
d0048312_20132527.jpg
d0048312_20134743.jpg

お品書きまでついています。
このホテルはお部屋がちょっと狭くて、お風呂場の洗い場や脱衣所が狭くて不便でしたが、食事は満足しました。献立表はクリックで拡大します


さて、3日目の利尻島一周観光はぐるっと時計回りで回りました。姫沼を一周、オタドマリ沼でホタテの貝焼きを食べ、仙法志御崎公園で利尻昆布を買いました。
利尻島も花の宝庫です。
沢山目につくのはシャクと、エゾカンゾウです。
シャク(レースフラワー) セリ科です。 シシウドやハナウドにも似ていますが、葉っぱが違います。人参のような葉っぱです。オタドマリ沼の周囲に沢山咲いていました
d0048312_21264983.jpg
エゾカンゾウです。礼文島にもありましたが、利尻島にもあちこちで見られました。
d0048312_2031262.jpg
富士野園地はエゾカンゾウの原っぱです。まだ咲き始めですが、これから群生して咲くでしょう。
d0048312_20315554.jpg

↓ 左はクルマバソウ(アカネ科)、右はマイヅルソウ(ユリ科)沼の周囲に群生して咲いていました。
d0048312_20454558.jpg

花が終わった頃なのでよくわかりませんが、オオバナノエンレイソウだと思います。
d0048312_2046537.jpg

リシリヒナゲシです。車窓から撮ったのでぼけた色になってしまいましたが、黄色のかれんな花です。 ケシ科
d0048312_20554094.jpg

その他名前のわからない白い花・・・
d0048312_20595279.jpg

あ、そうそう、礼文島ではまだ早くて見られなかったウスユキソウがここ、利尻島の仙法志御崎公園の売店のプランターに咲いていました。
ウスユキソウ(エーデルワイス) ・・・礼文島ではないのでレブンウスユキソウと書いて良いものかどうか・・・・
d0048312_2144396.jpg

これも、展望台の店先で咲いていたエゾスカシユリです。
d0048312_2195117.jpg

同じくシコタンハコベ(ナデシコ科)
d0048312_2113516.jpg

3日目のお昼は海鮮丼です。
d0048312_21172241.jpg
3日間、ウニ、イクラ、カニ、エビ、ホタテの食べ放題でした。
そして、〆が、空港の北海弁当です。利尻空港から新千歳空港までは順調だったのですが、乗り換えの羽田行きが1時間も遅れてしまいました。そこで、航空会社から1000円分の飲食券が配布されたのです。ただでもらった券なので1000円のお弁当を奮発したらこれも、カニ、イクラでした。贅沢な3日間でした。2キロも太ったよ~~
羽田に着いた途端、台風の影響をもろに受け、暴風雨の中を走り、家路につきました。

駆け足で書いてしまいましたが、あとで景色などもアップしようと思います。
[PR]
by mmi331 | 2012-06-23 21:27 | おでかけ | Comments(4)
利尻、礼文の旅  礼文島の花 その2
花の写真がいっぱいありすぎて、整理するのが大変です。
今日のお花はもしかして間違って覚えているかもしれません。違っていたら教えてくださいね。 2日目礼文島の続きです。

観光バスを降りて桃岩展望台に登りながら、花の中を散策しました。景色も素晴らしかったです。
d0048312_23443476.jpg

礼文島のあちこちに咲いている大きな花、シシウドです。
同じように見えてちょっと違います。
葉が小さいエゾノシシウドです。 セリ科
d0048312_0372130.jpg
こちらは大型で葉ものこぎりのようにギザギザしています。
オオハナウド
d0048312_0391443.jpg
物騒な植物もあります。足元に生えているツタウルシは絶対に触ってはいけないと言われました。さわって顔にでも触れたらお岩さんになってしまうそうです。ウ・・・これ以上顏が崩れたら外を歩けない(^_^;)
ツタウルシです
d0048312_23483942.jpg
崖の上のほうに咲いていたエゾイヌナズナ(アブラナ科)です。遠くだったのでズームにしてもピンボケでした。
d0048312_23503144.jpg

よく似ていますがこちらはタカネグンバイ(アブラナ科)です。
d0048312_23523148.jpg
ガンコウランです。ガンコウランといってもランの仲間ではありません。ガンコウラン科です。??
d0048312_235652100.jpg
こんな花が咲きます。秋には黒い実をつけるそうです
d0048312_23573479.jpg

d0048312_011229.jpgハクサンチドリだと思うのですが、図鑑では赤紫です。
これは紫です 
ラン科の植物です

d0048312_118836.jpg

d0048312_035192.jpgこちらも、よく似た花ですが
ノビネチドリです。
もう、花は終わりに近いです。これも、図鑑ではピンク色なのですが、たしかに紫でした。
違う種類かもしれません。
それとも私のカメラが濃く撮れるのかしら?
(そんなばかな)

そういえば、新しいカメラはズーム、軽さなど申し分ないのですが、わずか2日間で電池(バッテリー)が切れてしまいました。以前のカメラは1週間ぐらい撮りっぱなしでも大丈夫だったのに。
次回からは充電用ケーブルを持って行かなくては。

d0048312_016556.jpg
こちらも遠くの崖に張り付いていたのでよく姿が見えませんでした。
たぶんキクバクワガタと説明を受けたような記憶が・・・・
ゴマノハグサ科です

ハルザキヤマガラシです。 アブラナ科
d0048312_0295969.jpg

小さな花はいたるところにあり、またよく似ているので名前がわかりません。(たぶん)で無理やり名前を書いてしまいました。(^_^;)両方ともナデシコ科です
d0048312_1936810.jpg
花散策の後に、ウニむき体験をしました。ムラサキウニです。・・生きています・・・ぁ、かわいそう、といいながら。
一つのからに5粒のウニが入っています。白っぽい身は雄で赤っぽい身は雌だそうです。私が剥いたのは雄で連れ合いが剥いたのは雌でした。お隣さんをパチリ。雌のウニです
d0048312_0483182.jpg
ここでウニを食べたにもかかわらず、お昼もウニ定食でした。贅沢なウニ三昧です。手前のオレンジ色のウニはエゾバフンウニで、向こう側がムラサキウニです。新鮮で、おいしかったです。
d0048312_0493146.jpg

お昼を食べた後はフェリーで利尻島に向かいました。




[PR]
by mmi331 | 2012-06-22 23:53 | おでかけ | Comments(0)
利尻・礼文の旅 2日目は礼文島
礼文島は花の浮島と呼ばれるように、島全体にさまざまな花が咲いています。
ガイドさんや添乗員さんが花の名前を説明してくれるのですが、とにかく花が多く、覚えきれません。
写真はいっぱい撮ったのですが、花と名前が一致しません。
たぶん、一致しているであろう花からご紹介します。
d0048312_20284846.jpg

センダイハギです。
割合多く見られました。群生しているところは見事です

マメ科の植物
d0048312_22113361.jpg



d0048312_2035919.jpg

チシマフウロです。
島全体に咲き乱れていました。

フウロソウ科
d0048312_22163521.jpg


d0048312_204095.jpg
おなじみのハマナスです。
これから咲き始めるそうです。
海岸線だけでなく、あちこちで見られます。

バラ科
d0048312_2220285.jpg



d0048312_2047293.jpg
ミヤマオダマキです。
栽培品のオダマキの原種と考えられているそうです。

キンポウゲ科
d0048312_22234659.jpg


d0048312_20523666.jpgレブンシオガマです。
葉が4枚ずつ輪生しているものはヨツバシオガマですが、この花のように葉が6枚、または5枚輪生して、壮大なものは特にレブンシオガマと呼ばれています。
ゴマノハグサ科
下はヨツバシオガマです
d0048312_22302696.jpg


d0048312_2141346.jpg

レブンソウです。
茎や葉柄に白い毛が密生しているのが特徴です。

礼文特産の植物

マメ科

さて、今回、最大の期待を寄せていた、レブンアツモリソウです。レブンアツモリソウは名前の通り、礼文島の固有種で、あまりにも盗掘されるので今は厳重に保護されています。山の群生地は閉山されていましたが、ふもとの木道のところにまだ最後の花を見せてくれました。
レブンアツモリソウは花が咲くまで5~6年かかり、花は10日間だけ咲くそうです。葉の枚数で何年物かわかるそうです。この日はお天気も良く、私たちは幸運でした。
レブンアツモリソウの白花です。
d0048312_21232752.jpg

クリーム色のレブンアツモリソウです。 アツモリソウはラン科の植物です
レブンアツモリソウは、手で触れることも禁じられています。人の手には油があり、触ると枯れてしまうそうです。
d0048312_21243667.jpg

d0048312_21333792.jpg

イワベンケイです。
黄色い花が雄花
赤い花が雌花です。
ほとんどの花は雄花のほうが綺麗ですが、これは雌のほうが綺麗ねって、女性陣は喜んでいました。

ベンケイソウ科
d0048312_21382513.jpg

ネムロシオガマです。

ゴマノハグサ科


イブキトラノオです。草地に群落を作ります   タデ科の植物
d0048312_21473732.jpg

レブンコザクラです。  サクラソウ科
d0048312_2205135.jpg

d0048312_22412961.jpg
レブンキンバイソウ  キンポウゲ科


キジムシロです。  バラ科
黄色い花は似たようなのがたくさんあって迷いますが、このキジムシロは茎が赤いので見分けやすいです
d0048312_22475754.jpg

ミヤマキンポウゲ   キンポウゲ科
d0048312_22595510.jpg
d0048312_2314387.jpg


まだまだ沢山ありますが、名前のわからないものや、一致しないものがあり、少しずつ調べたいと思います。
ガイドさんも、全部覚えるのは無理だから、「さまざまな花」が咲いていたと言えばいいのです。と、おっしゃいました。礼文島でのバスガイドさんは綾小路きみまろ顔負けの名調子ガイドさんでした。

明日に続く
[PR]
by mmi331 | 2012-06-21 22:01 | おでかけ | Comments(6)