<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
合成写真その2
すっかり忘れていました。
そういえば、前にも合成写真を作成したのでした。
今回思い出してもう一度作ってみました。
透過の方法も入れてみました。・・忘れないうちに。。
d0048312_18554819.gif簡単な蝶のgif画像を合成しましたが、この蝶は透過gifではありませんので、これから細工していきます。


PictBearを立ち上げ、背景になる画像(バラの絵)と貼り付けたい画像(蝶)を開きます。
*蝶を一匹だけ花の陰に合成する方法です。
蝶の画像を「選択範囲」から、「すべて選択」を選び、「編集」から「コピー」をクリックします。
背景になる画像をアクティブ(クリック)にし、「編集」から「貼り付け」を実行します。
左上に蝶の画像が張り付きますので、ツールバーの「移動」をクリックして、蝶をドラッグします。花に少しかかるようにします。そのままの状態で、右側のレイヤーの透明スライドのつまみを左にずらし、背景の絵が見えるようにします。
d0048312_19331969.jpg
d0048312_19335914.jpg
d0048312_19342793.jpg

蝶の周りの部分と背景の絵が重なっている部分だけ消しゴムツールで消していきます。
このとき、倍率を400~800%に上げるとやりやすい
あとはレイヤーを統合します。(イメージの統合をクリック)
・・・・・こんなんでわかるかしら?自分が後で見てわからなければ何にもならないのだが・・
d0048312_19195431.jpg

派手に合成しました
[PR]
by mmi331 | 2005-10-30 19:20 | Comments(0)
合成写真
ピクトベアで合成写真を作る方法には色々ありますが、まだよくわかりません。

T先生が作られた合成写真を見て、私も作ってみました。
T先生は透過の方法を使ったそうですが、私には良くわからなかったので切り取り、貼り付けで合成しました。

普通の青空の写真を、夕焼け空にします。

まず、夕焼けの写真と、普通の写真を用意します。
ピクトベアSEで2枚の画像を開きます。昨日のバラ園の写真を使用しました。
ツールバーの自動選択で、青空を選択、メニューバーの範囲選択から「範囲選択の反転」をクリックします。(昨日のツールバーを参照)
「編集」から「切り取り」をクリック。そのまま夕日の写真をアクティブにし、「編集」から「貼り付け」を実行。夕日の上に切り取ったバラ園の写真が載りました。ツールバーの「移動」をクリックして、バラ園の写真を下のほうに移動させ、バランスよく配置します。

失敗して下のほうが余ったので文字を入れました。・・・(^_^;)
d0048312_011561.jpg

[PR]
by mmi331 | 2005-10-30 00:13 | Comments(0)
画像の修正
きょう、グループのNさんがパノラマ作成で張り合わせた画像の空の色が違うので、何とかしたいというので、ピクトベアで修正を試みました。
d0048312_21381484.jpg

上が修正前です。
私のバラ園のパノラマ写真も空の色が違っていたので、下のように修正しました。。
d0048312_2138213.jpg


d0048312_21385596.jpg

←ピクトベアのツールバーです。

「色の取得」と「塗りつぶし」を使いました。
明るい色の空にしたいので、
1、ツールバーの「色の取得」で好みの色の上でクリックし、
2、の「塗りつぶし」で、変えたい色の上で、クリックします。
すると、あら、いっぱつで空の色が好みの色に変わりました。
ついでに、あちこち・・・
あんまりやりすぎると元画像の面影がなくなってしまうので、ほどほどに・・

Pict Bearのダウンロードはこちらから

http://sleipnir.pos.to/software/pbse/index.html

パノラマ作成ツール・Photo Fit feelのダウンロードはこちらから

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/digicame/photofitfeel.html
[PR]
by mmi331 | 2005-10-27 21:55 | Comments(0)
秋のバラ
生田緑地内ばら苑・秋のバラです。
d0048312_2314194.jpg
d0048312_232266.jpg
d0048312_2333478.jpg
d0048312_234860.jpg
d0048312_2394963.jpg

[PR]
by mmi331 | 2005-10-24 23:08 | Comments(0)
グーグルアースとグーグルマップ
昨日は(正確には今日)グーグルアースとグーグルマップを混同してしまいました。
グーグルマップはソフトをインストールしなくても見る事が出来る地図です。

パソコンくらぶのKさんから紹介していただきました
 全世界の地図と衛星から見た写真が、全世界の地球レベルから各戸レベルまで見られます。(サテライトをクリックすると楽しい)
*最近新しくなった市名などでは検索しても出ない事があります。そんなときは旧市名で検索してください。
  http://maps.google.co.jp/
[PR]
by mmi331 | 2005-10-24 10:39 | Comments(0)
グーグルアース
今日の研究会はTemporary Internet Files(一時ファイル)からファイルを取り出す勉強をしました。Tenporary Innternet FilesはCドライブのDocuments and Settingsから自分の名前またはowner(パソコンの持ち主)をクリックし、Local Settings→Temporary Internet Filesとたどります。このフォルダの中には自分がアクセスしたページのファイルが一時ファイルとして残っています。(設定にもよりますが)
音楽や、絵など、取り出したいときは目的のファイルをコピーして、任意のフォルダに貼り付けます。右クリックでダウンロードするのと同じです。
そのままドラッグしてデスクトップに持ってくることも出来ます。

今日はGoogleearthの紹介とインストールも行いました。
こちらから。↓
http://earth.google.com/
ただ、このソフトをダウンロードするには、512MBのメモリがないと動かないということでしたので、私はあきらめました。
I さんのホームページにグーグルアースの世界の写真をフォトストーリィで紹介したページがあります。写真集の中の「地球を我が手に」をクリックすると世界の地図のショーが始まります。
すごいですね。
[PR]
by mmi331 | 2005-10-24 00:28 | Comments(0)
ヘッダーとフッター
今日のワード講座はヘッダーとフッターの編集の仕方でした。

ヘッダーってなんだ~?
最初は全然わかりませんでしたが、講座を進めるうち、なんとなくわかってきました。
何枚も文書を書く時など、ページ数や、日付など、全ページにわたって設定できるので、便利・・・かな?

ページの背景にすかし画像を付ける方法は面白かったです。
ヘッダーに画像を挿入し、「背面」にレイアウトして、ウオッシュアウトに設定します。
背景画像も、ページ設定によって全ページに入れる事が出来ます。

ただ、ウオッシュアウトの画像を保存する時はwebページで保存すると元の画像に戻ってしまいます。背景画像を保存するときは、画像をコピーして、ペイントに貼り付けます。
d0048312_22294146.jpg
背景画像を縮小したものです。これは「行内」の画像です。ワード画面とは色合いが違って保存されました。


d0048312_22311344.jpg
同じ画像ですが、こちらは「背面」を指定しました。
ワード画面と同じ色合いです。
同じ背景画像なのに、なぜ色が変わるのでしょうか?
両方ともJPGで保存しました。
[PR]
by mmi331 | 2005-10-22 22:35 | ワード・エクセル | Comments(0)
パノラマ
簡単なパノラマを作ってホームページに載せてみました。
まったく違う方法で作ってあります。

建売住宅が建つ前の畑

河口湖ロープウェイより
[PR]
by mmi331 | 2005-10-20 22:24 | Comments(0)
テーブルタグ
テーブルには様々なタグがあります。
I 先生が19ものタグを送ってくださいました。
その中のいくつかを使ってテーブルを作ってみました。
この、エキサイトブログではテーブルタグが使えないので、画像で貼り付けました。
d0048312_21265322.jpg

[PR]
by mmi331 | 2005-10-18 21:33 | Comments(0)
ワードのページ設定と段組
昨日のワード講座はページ設定と段組です。
ページ設定はフォント、余白、用紙サイズなどを変更する時に行います。
メニューバーのファイル⇒ページ設定から変更する項目を選びます。
「文字数と行数」 「余白」 「用紙」があります。
文字の大きさなどを変えて規定値にしたい場合は、まず、「文字数と行数」をクリックし、下のほうにある「フォントの設定」をクリックします。そこで、フォント、スタイル、サイズなどを変更し、OK⇒OK⇒で閉じます。次にメニューバーの書式から「フォント」をクリックして先ほど変更した内容を確認して、「規定値として設定」をクリックします。
そうすると、一度ワードを閉じても、次からは変更した文字の大きさや、スタイルで書く事が出来ます。

段組は長文など2段にしたほうが読みやすい場合に行います。
とりあえず、段組を試してみたい場合、長文を書くのは大変なので、文面に 半角で
=rand(5,5)と書いてエンターキーを押します。
すると、こうなります。
d0048312_1553726.jpg

これを2段に段組する時はメニューバーの「書式」から「段組」をクリックし、「種類」から2段をクリックしてOKをクリックします。
するとこうなります
d0048312_15581760.jpg

これでは左右が揃っていないので、これをそろえるには、段組の最後にカーソルを移動させ、メニューバーの「挿入」から「改ページ」をクリックします。
改ページのダイアログが出ますので、「現在の位置から開始」を選択、OKボタンを押します。
すると、ちゃんと揃いました。
d0048312_162959.jpg

いつも、長い文章や新聞などを書いている人にはとても重宝な機能です
[PR]
by mmi331 | 2005-10-16 16:03 | ワード・エクセル | Comments(0)