小玉スイカ 合成いろいろ
小玉スイカを収穫しました。
狭い畑でスイカを作るのは容易ではないので空中栽培にしました。支柱を立てて上に登らせるのです。
スイカの収穫時期は受粉してから何日目と大体決まっていますが、我が家のスイカはいつのまにかこぶし大になっていたので何日目かわかりません。とりあえずスイカの元の蔓(巻きひげ)が枯れたところを見計らって取ってきました。お・い・し・かったで~す!食べるのが早くて切ったところを写真に撮るの忘れました。
小玉ですので直径15センチ程度です
d0048312_20434938.jpg
上の画像はグリーンの輪にぶれ10をかけた枠の中を黒で塗りつぶし、スイカを明るい画素優先で合成しましたが、枠がスイカより暗い場合はうまくいきません。確実に中だけに入れる場合は中を黒で塗りつぶし、一度2階調化してネガポジ反転、暗い画素優先で合成してから元に戻り、明るい画素優先で合成します。・・・・・って、これではわかりにくいので
もっと簡単な方法 (400x400の画像をリサイズしています)
まず、中に入れる画像を白枠30で円形切抜き、コピー、
一旦全部白で塗りつぶし、青枠20で円形切抜き、さらに白枠10で円形切り抜き。
d0048312_21513046.jpg

ぶれ10をかけて、暗い画素優先合成。
この合成方法はJTrim1つだけで出来るので簡単です。d0048312_223998.jpgd0048312_2233531.jpg


では、こんな場合の合成は・・・・ やっぱり2階調化しかないのでしょうか。
大反魂草(オオハンゴンソウ)元々は観賞用の園芸種が逃げ出した帰化植物とどこかに書いてありましたが、和名が面白いですね。普通にルドベキアと言っています。
d0048312_2223462.jpg

竹垣; 「カラー」→「2階調化」で白黒画像にd0048312_22174818.gifd0048312_2218173.gif
ネガポジ反転して座標指定切抜き→OK(これは場所と大きさを覚えさせます)
背景となる画像を開き、「イメージ」→座標指定切抜きをクリック、座標枠を適当なところまで移動させる。座標枠の左上が基準となりますので、もっと下にしたい場合は左上の矢印をドラッグして下げます。座標指定切り取りダイアログはバツで閉じて、明るい画素優先合成d0048312_2231081.gifd0048312_22313813.jpg
座標枠が出ている状態で最初の竹垣に戻り、コピー、花の画像に暗い画素優先合成。
最後に下だけ200の余白を付け、円形切抜きをしました。(白枠10、不透明度50)d0048312_2363382.jpgd0048312_237867.jpg


ちょっとわかりにくかったかしら?書いてる本人も睡魔に襲われて・・・・・?x?●○?

合成方法と座標指定切抜きを覚えると、自分のやりたいことが出来ます。・・・と、思います。。zzz
[PR]
by mmi331 | 2009-07-13 23:10 | 野菜と花 | Comments(0)
<< デジブック かごの鳥 >>