立方体(ボックス)作成 PhotoScape、ワード、ペイント
ボックスはPhotoScapeで簡単に出来ます。
この画像に
d0048312_1449406.gif

フィルタ→ボックス作成→ボックスを右側(左側)に表示→ボックスの高さを決めて簡単に出来上がります。
d0048312_14513969.jpg
ではPhotoScapeが無い場合。
ワードでは、オートシェイプの基本図形から直方体を描いて、図形を選択→右クリックで切り取り→「編集」→「形式を選択して貼り付け」→図(拡張メタファイル)でOK。
右クリック→グループ解除→「~~描画オブジェクトに変換しますか」→「はい」

この方法はだいぶ前に「パソコンで遊びたいなぁ~!」さんがブログで詳しく書いてくださいました。私もこれでずいぶんお世話になりました。
「パソコンで遊びたいなぁ~! 図形描画 立体枠」で検索してください。

立方体を枠の外に出してもう一度グループ解除。これで3面に「オートシェイプの書式設定」→「塗りつぶし効果」から「図の選択」で図が入ります。・・・・・ところが、
こんなふうになってしまいます。写真などならいいのですが、線では困ってしまいます。
d0048312_15387.jpg

JTrimでもいろいろやってみましたが、綺麗に斜めに入りませんでした

でも、ペイントなら出来ます。以前試してみました。いい加減な作り方JTrim+ペイント

まず、画像を開き、コピーします。(編集→全選択→コピー)
そのまま「変形」→「キャンパスの色とサイズ」で画像より2倍以上大き目のキャンバスを作り、最初の画像を少し下にずらしておきます。その後、コピーした画像を貼り付けます。(「編集」→「貼り付け」)
先に開いた画像に重ならないようにずらします。選択枠が出ている状態で「変形」→「伸縮と傾き」で下のように入力します。伸縮→垂直に30%、傾き→水平に45度
下図の右上のような斜めの画像になりますのでドラッグで箱の上面になる部分にきっちり乗せます。
d0048312_15272869.jpg
次に側面を作ります。もう一度「編集」→「貼り付け」し、何も無い場所までずらし、今度は下のように「伸縮と傾き」で数字を入れます。伸縮→水平に30%、傾き→垂直に45度
d0048312_15504440.jpg
ドラッグして側面にぴったりはめ込みます。その時、透過ボタンを押しておきます。背景色は白です。斜めの白い部分が透過されて出来上がりです。
d0048312_1605126.jpg
これをコピーして中に入れる画像に貼り付けると・・・こうなります。ただし、背景を白にして透過ボタンを押しておきます。
d0048312_2059119.jpg

JTrimの場合は・・・・・また後日        後日追記JTrimでボックス(立方体)
[PR]
by mmi331 | 2009-07-10 21:34 | 画像加工 | Comments(0)
<< オートシェイプの カゴ オートシェイプのハートとキラキラ >>