立体枠
立体枠(額縁)を簡単に作ることが出来るソフトはいろいろあると思いますが、私はブログでJTrimを知ってからは、ほとんどJTrimを使っています。簡単です。
その他PictBearSE,Photofiltre、オートシェイプでも簡単に立体枠が作れます。
私はフォトショップを持っていませんのフォトショップで作れるかどうかはわかりません。

額縁の作り方にもいろいろ方法があります。
「JTrim 額縁の作り方」で検索すると素敵な額縁の作り方がたくさん出てきます。
額縁達人の皆様方が実に様々な額縁を披露なさっていますので参考になさって下さい。

私は最近、めんどくさいのでいつも画像をひとつだけ立ち上げて簡単な立体枠で済ませていますのであまり額縁の参考にはなりませんが、これでよかったかしら?
ではJTrimでの作り方を・・・そういえば前にも書いていました。JTrimで立体枠(額縁)
d0048312_14294215.jpg


500x421の写真を用意しました。 すみません中途半端な数字で
「イメージ」→「座標指定切抜き」をクリックし、座標入力欄を出します。周りに30pxの枠を出したいので、座標1では30、30、座標2では 横幅-30、縦の長さ-30 の数字を入れます。
30、30、470、391の数字が入り、写真の中に枠が表示されます。
ここで、OKをクリックし、中の部分だけ「編集」→「コピー」でコピーします。
元に戻る矢印で元に戻ります。枠もクリックで消しておきます。
d0048312_14542740.jpg
元に戻った画像の全体をブロック加工しました。(加工は何でも良いです)
そのまま「イメージ」→「座標指定切抜き」をクリックすると、先ほどの座標(選択)枠が出てきます。
d0048312_14423984.jpg

今度は座標切り取りボックスの右上の×をクリックしてダイアログを閉じ、
「編集」→「合成」、「クリップボードから入力」にチェックを入れ、「上書き」合成(OK)します。
先ほどコピーした中身の画像がぴったり納まります。まだ座標(選択)枠はそのままです。
d0048312_14512045.jpg

そのまま「加工」→「立体枠をつける」(立体枠アイコンクリックが簡単です)で、立体枠をつけます。例では「凹ませる」10→OKのあと、「スムース」5→OKです。
最後に一番外側に「スムース」10の立体枠を付けました。一番上の画像です

下の画像は加工にブラインドを、座標きり取りした画像に1PXの角丸切抜きの枠を、最後に凹ませる15、スムース5の立体枠をつけました。
d0048312_10493014.jpg


PictBeaeSEにも立体枠があります。PictBearSEでのつくりかた。
ピクトベアの場合はレイヤーの複製を作り、「フィルタ」→「特殊効果」→「ブロック」を適用します。枠になる部分を残して中を選択し、「編集」→「削除」で削除します。背景が現れます。
レイヤー画面の「背景」をクリックしてアクティブにし、「フィルタ」→「特殊効果」→「立体枠」で立体枠をつけます。下の例は「凹ませる」 10 →OK、「滑らか」2→OKです。
最後にイメージの統合をしてJPGで保存します。
d0048312_1529495.jpg
上の画像はブロックにエッジ検出を施し、レイヤーモードをスクリーンにしました。
また、コピーしたコスモスで自転車を隠しましたが他のぼろは隠しきれませんでした。

もちろん最後に外枠をつけることも簡単に出来ますが、この画像に額縁は似合わない。

どっちが簡単かな~~??
[PR]
by mmi331 | 2008-10-24 19:23 | 画像加工 | Comments(0)
<< 愉快なソフト 百舌 >>