シャボン玉レイヤー ・ つまみ菜
昨日はJTrimでシャボン玉(球)を作りましたが、レイヤー機能のあるソフトではもっと簡単に作ることが出来ます。PictBearでどんどん貼り付けていきました。
バラ、土星(UFO?)はfsイラスト94の絵文字フォントです。
d0048312_203257.jpg
d0048312_20174081.gif
d0048312_2041222.jpg レイヤーのモードをオーバーレイ、比較(明)、ソフトライト、通常、で貼り付けました。どれがどれか・・・・・わかりません。

こんなときのために、PictBearの場合はレイヤーごと.pbxファイルで保存します。
そうすればあとで、「どうやって作ったのだろう?」と、もう一度確認することが出来ます。

PictBearには通常のほか、加算、減算、乗算など16種類の貼り付けレイヤーモードがあります。いろいろ試してみると面白いのですが、まだはっきりとどんなときにどれを使えばいいのか良くわかりません。
考えてみればJTrimも加算、減算、、明暗画素優先、上書きモードがあり、透明度も変えることが出来るし、フィルター(効果)も沢山あるので手間さえかければどんなことでも出来そうですね。

小松菜を間引いて、お味噌汁に入れました。
d0048312_20122671.jpg

[PR]
by mmi331 | 2008-09-11 20:45 | 画像加工 | Comments(0)
<< 韮の花 球の作り方 >>