球の作り方
PictBear(SE)での球の作り方は2通りあります。
下図の右側は変形フィルタ「球」を使用して作成しました。
左側はフォトショップでの球の作り方(検索)を参考にして作りました。変形フィルタの「直交座標・円」と「極座標・円」を使用しました。直交座標・円適用の後、垂直に回転させてから極座標・円を使用します。「球」フィルタの方が簡単に出来ますが、「極座標」フィルタの方が球らしいかもしれません。
フィルタは「egis Station」様よりダウンロードさせていただいたものです。
d0048312_16485987.jpg

JTrimではレイヤーや、フィルタが無いので渦巻きで作った画像を円形切抜きで丸く切り取った後、暗い画素優先で合成しました。下はJTrimで。
d0048312_19442191.jpg

[PR]
by mmi331 | 2008-09-10 19:48 | 画像加工 | Comments(1)
Commented by コスモス at 2008-09-11 04:59 x
おはようございます。
いろいろな球は、少しづつ完成した感じがちがいますね、完成したときに自分が想像していたのと同じような球が出来上がるとうれしいです。

下の野菜の収穫は2人でしたら、丁度よい収穫ですね、
我が家も、今頃になってきれいなゴウヤが収穫時期になりました、
私も、作ったカードのポイントが結構たくさん溜まっていて
びっくりすることがあります、馬鹿にできない時があります。
<< シャボン玉レイヤー ・ つまみ菜 ポイント 今朝の野菜 >>