朴葉(ほおば)
時間が過ぎていくのがとても早く感じられる今日この頃です。
神代植物公園を訪れてからもう、10日になります。
まだまだアップロードしていない写真が沢山ありますが、季節外れになりつつあります。

ちょっと珍しい花を集めてみました。珍しいと言うか、懐かしい花です。
d0048312_19405854.jpg


d0048312_1953506.jpgこの中の「朴ノ木」の花は実家の向かいの山に沢山咲いていました。初夏の訪れをこの花で感じます。
大きな木に大きな花が咲くので遠くからでも良く見えます。
葉も大きく、この葉っぱで朴葉飯(ほおばままと言っていました)を作って、田んぼで仕事をする両親にお茶の入ったやかんと一緒に持っていきます。
大きな葉を2枚交互に重ね、お塩をまぶした黄な粉を敷き、その上にご飯を乗せ、また黄な粉をかけ、ほおばでくるんで、結びます。

d0048312_19562253.jpg

山の空気を吸いながら食べる朴葉飯はとてもおいしかったです。

あらら、両方ともペイントで書いたのですが、色が全然違っていた・・・

以上、田舎のレシピでした。


同じ頃、この花も山道によく咲いていました。5月に咲くからか、田植え(さつき)の時期に咲くからか、「さつきばな」と呼んでいました。
ハコネウツギです。
d0048312_1952271.jpg

写真はすべて神代植物公園で撮ったものです。
しみじみと懐かしいひと時でした。!お絵かきはペイント、加工はPictBearです。
[PR]
by mmi331 | 2008-05-28 20:05 | 画像加工 | Comments(2)
Commented by つばさ at 2008-05-31 00:54 x
「朴葉まま」 懐かしい響きです。。。。黄な粉は上にもかぶせましたよ。
遠い過去。。。。なのにあの香りは忘れません。

今も作ってる年配の方はいるのかしらね?なんか食べたくなりました。
私は朴の木の花は知りませんですた。 こんな綺麗な花でしたか

葉っぱしか知らなかった。当時風車を作った器用な方もいたっけ。。。
たまにお邪魔しますが、素敵な加工なんかで驚いています。

根をつめないようにね。




Commented by mmi331 at 2008-05-31 19:34
つばささん、こんばんは。
あ、そういえばご飯の上にも黄な粉をかけていました。
ありがとうございます! 早速書き足しました。

岐阜地方では朴葉味噌が有名ですね。
あの香ばしい香りが食欲をそそります。

今でもほお葉を見つけるとつい、嬉しくなります。
<< アルペンブルー クリーピア >>