私自身ソフトのことを良くわかっているわけではありませんが、昨日のPictBearでの球の作り方についてお尋ねがありましたので(私のやり方で)説明したいと思います。画像が大きすぎたのでリサイズしてあります。クリックで拡大しますが、大して違いません。

d0048312_17312296.jpg

*変形フィルターがインストールされていることを前提とします。

まず、画像を開き、球にしたい部分を四角く選択します。




d0048312_1733556.jpg
「編集」→コピー「貼り付け」で、貼り付けレイヤーが出来ますので、選択枠が出ている状態で『フィルタ」→「変形」→「球」をクリックします。
球になりました。


d0048312_17342591.jpg
移動ツールで任意の場所まで持ってきます。マウスでずずずっとひっぱってくるだけでOKです。
私は元の新芽が隠れるようにしましたが、この例では、少しずらしました。

d0048312_18142345.jpg
任意の位置まで持ってきたら、そのままの状態でもうひとつコピー(貼り付け)します。
レイヤーの複製でもいいです。その場合は重なっていますので注意。

次はレイヤーのリサイズで好みの大きさにリサイズします。
(レイヤーのリサイズや回転はメニューバーの「レイヤー」のプルダウンメニューにあります。)
リサイズしたら移動ツールで任意の場所に移動します。

d0048312_17352922.jpg
レイヤーの状態を見ながらリサイズや移動、回転をさせるといいと思います。
新しいレイヤーの移動は前のレイヤーの選択枠を解除してから行います。
最後に統合して保存します。


なんだか良くわからない説明になってしまいましたが、私自身が後で思い出せるように書きました。疑問点があればまた質問なさってください。
また、私の説明が間違っていたらすぐにご指摘ください。

なお、これによってパソコンに不具合が生じても責任は負いません。(たまに想定外の操作をするとプログラムの終了画面が出ることがあります。あとで自動修復してくれます)

手鞠の場合は適当に線を引いた画像に適用するだけなので簡単です。
右は90度回転させたものを合成しました。d0048312_1984286.gif
d0048312_19104713.gif

[PR]
by mmi331 | 2008-04-19 20:47 | 画像加工 | Comments(0)
<< I.E7のタブ ブドウの新芽 >>