ワスレナグサ
(勿忘草)わすれなぐさは別名ミオソティスといいますが、ミオソティスとはハツカネズミと耳の合成語で、葉がハツカネズミの耳の似ているところからつけられたそうです。
また、ワスレナグサという名前は英名のForget me notを直訳したもので、ドイツの伝説でドナウ川の岸に咲くこの花を、恋人ベルタに贈ろうとして川に落ちて死んだ騎士ルドルフの物語により名づけられたそうです。(私の愛読書、主婦の友社・花づくり大百科より)

いつの間にかビオラのプランターの隅で咲いていたワスレナグサです。
今回は種を蒔かなかったので昨年のこぼれ種から大きくなったものです。
d0048312_16433928.jpg
JTrimでも、PictBearでも全部出来ますが、両方の簡単なほうを使用しています。
ぼかし合成はPictBear、その他はJTrim(フェードアウトと拡散)です。

d0048312_18152546.jpg
本当はこんなに小さな花です。隣のビオラと比べると良くわかります。
咲き始めが可憐で、かわいいのですが、終わりごろになるとぺんぺん草のようになってしまってまるで雑草です。・・・あ、余計なことを。。

[PR]
by mmi331 | 2008-04-03 21:04 | 画像加工 | Comments(1)
Commented by コスモス at 2008-04-04 04:57 x
おはようございます。
勿忘草、小さくて可憐で大好きです、でも、あまりにも小さすぎて、
こんなにすてきに写せればで~す、マクロ撮影ですね。

あんなに小さな花が輝いています、こぼれタネから花が
咲いたとなると、なおさら可愛らしいと思います。

JTrim、PictBearはあまり使っていませんでしたが、説明ありなので
すこしづつ解ってきました、ありがとう。




<< 八重桜 丸窓? >>