読めない漢字
読めるけど書けない漢字ってよくありますね。(私だけ?)
そんな時、パソコンならあっという間に変換してくれるので檸檬だって、薔薇だってお醤油だって簡単に書けてしまいます。便利です。
では、読めないときはどうするかというと、漢字をドラッグ、右クリックでコピーをし、メモ帳などに貼り付け、もう一度ドラッグで反転させ、「変換」キーを押します。読み方が出てきます。
では、ドラッグできない画像や、雑誌などの漢字はどうするかというと、手書きして候補の文字を探します。
d0048312_2025458.gifツール→
d0048312_20263398.gif
IMEパッド→手書き

d0048312_2031597.gif

左の欄にマウスで手書きします。候補の字がどんどん出てきます。
候補の字があまり出てこないときはシステム辞書にチェックが入っていない可能性があります。
システム辞書はIMEツール→プロパティ、辞書/学習のところにあります。
標準辞書、郵便番号辞書、単漢字辞書、話し言葉・顔文字辞書、人名・地名辞書、カタカナ語英語辞書、記号辞書、文字コード辞書があります。
全部にチェックをしておけば全部利用できますが、ごく簡単な漢字の変換がなかなか出てこないこともあります。(^_^;)
以前、太極拳の技名を書いたとき、全部チェックしても出てこない漢字がありました。
そんなときはどうするか。よく似た漢字を出してからペイントで書き直し、画像で保存しました。
そこまでしなくても、手書きで紙に書け!と叱られそうですね。フォントをダウンロードするという手もありますが・・・

おなじみの植物の名前です。全部読めたら・・・・賞品はありません。

杜若、無花果、蒲公英、百日紅、金盞花、木瓜、躑躅、李、石楠花、三椏、鬼灯または酸漿

[PR]
by mmi331 | 2007-02-28 20:23 | ワード・エクセル | Comments(0)
<< ペイント合成と保存形式 お箸袋 >>