合成
このブログを訪れてくださった方のホームページに素敵なグラスの合成写真がありました。
ホームページビルダー付属ののウェブアートデザイナーで作られたそうです。
私のパソコンにはホームページビルダーは入っていません。したがってウェブアートデザイナーもありません。
だけど、作り方を教えていただいて、あ、これならPictBearでも出来る!と思いました。
まず、グラスの写真を用意します。我が家ではワインを飲む習慣が無いので適当なグラスを探すのに苦労しました。・・・普通のグラスです。(^_^;)
背景は今、旬の桜草(プリムラ)とお雛様です。
初めてにしては上出来の合成写真が出来ました。d0048312_91253100.jpg
d0048312_914231.jpg

作り方は
まず、背景となる(グラスの中に入る)写真とグラスの写真を用意します。
背景画像の上にグラスの写真を乗せ、グラスの中を消しゴムで消していきます。
これは、レイヤー機能のあるソフトで出来ます。グラスを重ねたら透明度を調節して消しゴムを使いやすいようにします。

d0048312_9283644.jpgまた写真の順番が、逆でも出来ます。
実は最初、やり方を逆にしてしまって、
う~ん!??!??!?だったのですが、これはこれでまた味があり、応用しだいで素敵な画像が出来ると思います。
グラスの写真の上に背景画像を乗せ、グラスの周りを消します。
花の写真が小さすぎました。

で、もう一度花の写真を乗せたら大きすぎました。(ーー;)

元画像ですd0048312_9382543.jpgd0048312_9391830.jpg

d0048312_9544332.jpg

[PR]
by mmi331 | 2007-02-20 09:15 | 画像加工 | Comments(0)
<< イチゴ大福・グラス合成(Jtrim) 翻訳 >>