クライアントマネージャー バージョンアップ
Windows10にしてからインターネット「未接続」の表示が出て、時々ネット接続が遅くなったり、つながらなくなったりしていました。クライアントマネージャーを更新しろと言うメッセージが出ていましたが、クライアントマネージャーを無効にしたら「未接続」の表示が出なくなり、ネット接続もスムーズになりました。ところが、今日、又ネットにつながらなくなり、クライアントマネージャーの最新版をインストールしようにもネットがつながらなければダウンロードできません。
再起動したら自動でインターネット接続したので、ネットが切れないうちにBuffaroのホームページから最新版をダウンロードして保存しました。これでゆっくりとインストールできます。
クライアントマネージャーはタスクマネージャーから無効にしてあるだけなので最新版インストールの途中で以前のバージョンはアンインストールすることになります。
ダウンロードした最新版cmv-154.exeをWクリックしてインストールしている途中
d0048312_17434262.jpg
d0048312_17435091.jpg

久しぶりにアンテナが立ちました。この際だからわかりやすい名前に変えました。
d0048312_1744084.jpg

これでまたスッタモンダするようだったらwindows 8.1に戻そうと思います。
8.1の時は早くて使いやすかったのに、10ではWindowsUpdate案内が出ないので自分の都合でインストールが出来ません。もともとデスクトップ表示で使っていたので特に便利なところもないし。

先日息子が来たとき尋ねたら、8.1に戻すことが出来るのは10をインストールしてから1か月の間だけだという。え~~、残念!2か月以上たってしまったわ。そういえば、元のバージョンに戻すという選択肢が時々出ていましたね。今はもう出ません。そういうことだったのね。遅かった。息子は8に戻したそうです。あっという間に簡単に出来たよ~だって。教えてくれればいいのに。
[PR]
by mmi331 | 2015-11-10 17:58 | windows10 | Comments(0)
<< 葉脈 野鳥と紅葉 >>