肺炎球菌感染症予防接種
昨年、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種のお知らせが届きました。
定期対象者は公費負担(一部自己負担)で受けられるというものです。

まだ年金ももらっていないのに高齢者扱いにはムッとしましたが、公費負担は一度だけ、また3月31日までというので行ってきました。対象者といっても、ぎりぎり当てはまるのですが、効き目は5年間で、任意だそうです。迷ったのですが、それで肺炎になって後悔するのも嫌なので注射を打ってきました。注射なんてほとんど打ったことが無いので、注射器を見ただけで血圧が上がりましたが、二の腕にチクッと刺しただけで、あっという間に終わり、ほっとしました。一部負担額は4500円です。全額自己負担だといったいいくらなんでしょ。今日はモルモットになった気分でした。

今月に入り、次々と高齢者用案内が送られてきました。
郵便局からは指定代理請求人指定通知書が来て、市からは福寿手帳、介護保険の保険証が届きました。
d0048312_20221793.jpg

なぜだろうかとよく考えたら来月、私の誕生日でした。
それにしても、いきなり介護や認知症や寝たきり予防の案内が届くなんて。
60代は高齢者ではないと思うのですが・・・・往生際が悪い??

特に郵便局!少しばかり個人年金をかけているのですが、それが終身保険なので、もし、本人が自筆で本人確認のはがきが書けなくなった時のために・・・とかなんとか、歯切れが悪い。
「奥さんの場合は120歳までお元気だとは思いますが・・・」とかなんとか調子のいいことも言うし。後でよく考えたら「認知症」になった場合のことを想定しているのだと気が付きました。
死亡の場合は関係ないですもんね。

あ、今になって少し注射したところがちくちくしてきた。
[PR]
by mmi331 | 2015-02-27 20:34 | 健康 | Comments(2)
Commented by green-7soji at 2015-02-28 09:52
mmiさん所に次々と送られてくる予想外のレター案内?
まだまだ先のことと思っててもキッチリ調べて送られてくる
案内の数々
私も貰ってはいるもののまだ何も使っていないです
只、郵便局からの指定代理請求人指定通知書なるものは
手続きをしました
もしもの時を考えてね(^_^;)

Commented by mmi331 at 2015-02-28 19:17
あら、皆さんちゃんと手続しているのですね。
我が家もどちらが先かわかりませんが、お互いの名前を書いておきました。
二人同時に認知症になったらどうしましょ。(^^;)
<< 河津桜 トールペイントであれこれ >>