8.1丸ごとバックアップ 他、カスタマイズ
昨日はXPをソフトを使って丸ごとバックアップをしたと書きましたが、Windows8.1では、ソフトを使わなくてもイメージバックアップができることがわかりました。
以前からPCオンライン(日経パソコン定期購読)を購読していますが、きょうのメルマガに「丸ごとバックアップ」について書いてありました。。わ~、うれしい。これで5000円もするソフトを買わなくても済みます。
8.1にアップデートした時はちょっと、すったもんだしましたが、慣れてしまえば8よりも断然便利で使いやすいです。今日も更新がいくつか入ったのでそろそろ丸ごとバックアップをしようと思います。
また、元パソコンくらぶのT先生が送ってくださったWindows8.1実用テクニック(4)の資料は私が知りたかったこと、やりたかったことが書いてあり、さらに使いやすく出来てうれしいです。
使いやすくといっても、結局XPの時のように取り外しアイコンをタスクバーに配置するとか、立ち上げたときにスタート画面ではなくデスクトップ画面を出すとか、IMEツールバーを出しておくとか、(結局これはまたひっこめましたが)いろんなところで便利な右クリックとか、あれこれ遊ぶのに不自由しません。

d0048312_1901057.jpg
8.1でも電源を入れて最初に現れるのはスタート画面ですが、これをデスクトップ画面に変更できます。

タスクバーを右クリック、プロパティをクリック、「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」から「ナビゲーション」クリック、スタート画面の「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェック、→「OK」




タスクバーに取り外しアイコンを表示させるときは
d0048312_1994050.jpg

d0048312_19113358.jpg

タスクバーの「隠れているインジケーターを表示します」(上向き三角)をクリック、「カスタマイズ」クリック、「エクスプローラー・ハードウェアを安全に取り外し・・・」を「アイコンと通知を表示」にする。


結局XPが使いやすかったということです。
d0048312_1932026.jpg

[PR]
by mmi331 | 2014-04-09 19:34 | windows8.1 | Comments(0)
<< ケータイ迷惑メールにご用心 XPサポート期限 >>