湯西川温泉
湯西川温泉は壇ノ浦の合戦で敗れて落ち延びた平家落人の里として知られています。
ここだけの話、特に行きたくて行ったのではなく、連れ合いに「今まで行った温泉で一番よかったのはどこ?」と聞いたら、私が行ったことのない温泉をあげたので、それなら連れてってよ!というわけで。。。。
なんでも、紅葉が今までで一番きれいだったんですって。ほんとかなぁ~

さて、日光から鬼怒川温泉、川治温泉を通って、湯西川温泉まで約1時間半車を走らせました。途中で手打ちそばを食べました。新そばでおいしかったです。
宿は本家伴久です。一口で言うと、レトロ。昔ながらの作り、佇まいで、こだわりの木材を使用しています。
階段なんて、斜めになっていて、慣れるまではこけないように用心しました。
欅と栗の木で作られた階段です。お風呂に行くときも朝食も夕食もフロントもこの階段を使いました。
d0048312_2020896.jpg

夕食はかずら橋を通って、囲炉裏のある離れの部屋でいただきました。
かずら橋です。祖谷のかずら橋をならって架けたそうです。敵が襲ってきたときはかずらを切って渡れないようにしたのだそうです。
d0048312_2037627.jpg

夕食です。すべてこの地で採れる山の幸です。全部食べたのでおなかがはちきれそうになりました。
d0048312_20403233.jpg

囲炉裏は暖かで、情緒あふれる山里の夕食でした。
ここだけの話、おかみさんのご挨拶のなかで平家落人にまつわる話があったのですが・・・・
追っ手に見つからないように3つのことをしてはいけないという言い伝えがあって、
そのひとつは、鶏を飼ってはいけないということ。(鳴き声で見つかってしまう)
もう一つはゴマを作ってはならないということ(先祖がゴマの穂で目をついて失明したという言い伝え)
そして3つめは・・・・・・・あら、度忘れしました、というおかみさん。
お客さんのほうから「鯉のぼりを上げてはいけないんじゃないの?」
私も鯉のぼりの件は知っていました。でも、ゴマの話は初めて聞きました。どおりで、ゴマ料理がありませんでした。愉快なひと時でした。

温泉は色やにおい等の癖もなく、かけ流しのあったまる良いお湯でした。肌がすべすべして気持ちよかったです。
朝食の食事処から見たかずら橋です。前の晩はこの橋を渡って夕食を食べにに行きました。湯西川は川底が岩の板のようになっていて水が綺麗でした。朝ご飯もおいしくてまたまたおなかいっぱい食べてしまいました。あとでつけが・・・
d0048312_2144027.jpg

チェックアウトをしてから平家の里、狩人の村を見学してきました。
平家の里の紅葉はとても綺麗でした。
平家の里入口です。
d0048312_2111474.jpg

里内の紅葉です
d0048312_21183197.jpg

湯西川温泉を後にし、途中、鬼怒川温泉の立ち寄り湯で温泉に入り、また、新そばを食べて家路につきました。
家に帰って体重計に乗ったら、ショック!!体重が2キロも増えていました。
[PR]
by mmi331 | 2012-10-24 21:24 | おでかけ | Comments(2)
Commented by りゅうまま at 2012-10-25 09:20 x
体重2キロ増? (´∀`*)ウフフ
お友達になれるわ( ´∀`)

平家の落人集落は各地で見受けられますが何だか物悲しい印象が?
祖谷のかずら橋に似て作られた端はよく似ていますねー
渡るのが怖くなかったですか?
私は怖がりなんで祖谷のかずら橋も渡った事がないです

温泉もお食事も紅葉も満喫されてリフレッシュできてルンルンね(^^♪
ハロウィンのお絵かき手抜きです
最近は手抜きばかりですよ^^;
Commented by mmi331 at 2012-10-25 21:17
体重って、増えるときは何の苦労もせずにあっという間に増えるのに、減らそうとしても、なかなか減らないのよね~~(^_^;)
ま、少ししわが減ったと思って良いほうに考えることにします。

私は祖谷のかずら橋は見たことも行ったこともないんです。渡ってみたいわ。小さいころから馬鹿の高のぼりと言われているくらいなので高いところは怖くありません。多少揺れても、みんなで渡れば怖くない。落ちるときは全員落ちるのだから・・・・??
<< 寒くなってきました。 日光 ・ 湯西川温泉 >>