利尻、礼文の旅  礼文島の花 その2
花の写真がいっぱいありすぎて、整理するのが大変です。
今日のお花はもしかして間違って覚えているかもしれません。違っていたら教えてくださいね。 2日目礼文島の続きです。

観光バスを降りて桃岩展望台に登りながら、花の中を散策しました。景色も素晴らしかったです。
d0048312_23443476.jpg

礼文島のあちこちに咲いている大きな花、シシウドです。
同じように見えてちょっと違います。
葉が小さいエゾノシシウドです。 セリ科
d0048312_0372130.jpg
こちらは大型で葉ものこぎりのようにギザギザしています。
オオハナウド
d0048312_0391443.jpg
物騒な植物もあります。足元に生えているツタウルシは絶対に触ってはいけないと言われました。さわって顔にでも触れたらお岩さんになってしまうそうです。ウ・・・これ以上顏が崩れたら外を歩けない(^_^;)
ツタウルシです
d0048312_23483942.jpg
崖の上のほうに咲いていたエゾイヌナズナ(アブラナ科)です。遠くだったのでズームにしてもピンボケでした。
d0048312_23503144.jpg

よく似ていますがこちらはタカネグンバイ(アブラナ科)です。
d0048312_23523148.jpg
ガンコウランです。ガンコウランといってもランの仲間ではありません。ガンコウラン科です。??
d0048312_235652100.jpg
こんな花が咲きます。秋には黒い実をつけるそうです
d0048312_23573479.jpg

d0048312_011229.jpgハクサンチドリだと思うのですが、図鑑では赤紫です。
これは紫です 
ラン科の植物です

d0048312_118836.jpg

d0048312_035192.jpgこちらも、よく似た花ですが
ノビネチドリです。
もう、花は終わりに近いです。これも、図鑑ではピンク色なのですが、たしかに紫でした。
違う種類かもしれません。
それとも私のカメラが濃く撮れるのかしら?
(そんなばかな)

そういえば、新しいカメラはズーム、軽さなど申し分ないのですが、わずか2日間で電池(バッテリー)が切れてしまいました。以前のカメラは1週間ぐらい撮りっぱなしでも大丈夫だったのに。
次回からは充電用ケーブルを持って行かなくては。

d0048312_016556.jpg
こちらも遠くの崖に張り付いていたのでよく姿が見えませんでした。
たぶんキクバクワガタと説明を受けたような記憶が・・・・
ゴマノハグサ科です

ハルザキヤマガラシです。 アブラナ科
d0048312_0295969.jpg

小さな花はいたるところにあり、またよく似ているので名前がわかりません。(たぶん)で無理やり名前を書いてしまいました。(^_^;)両方ともナデシコ科です
d0048312_1936810.jpg
花散策の後に、ウニむき体験をしました。ムラサキウニです。・・生きています・・・ぁ、かわいそう、といいながら。
一つのからに5粒のウニが入っています。白っぽい身は雄で赤っぽい身は雌だそうです。私が剥いたのは雄で連れ合いが剥いたのは雌でした。お隣さんをパチリ。雌のウニです
d0048312_0483182.jpg
ここでウニを食べたにもかかわらず、お昼もウニ定食でした。贅沢なウニ三昧です。手前のオレンジ色のウニはエゾバフンウニで、向こう側がムラサキウニです。新鮮で、おいしかったです。
d0048312_0493146.jpg

お昼を食べた後はフェリーで利尻島に向かいました。




[PR]
by mmi331 | 2012-06-22 23:53 | おでかけ | Comments(0)
<< 利尻、礼文の旅  利尻島 利尻・礼文の旅 2日目は礼文島 >>