利尻・礼文の旅 2日目は礼文島
礼文島は花の浮島と呼ばれるように、島全体にさまざまな花が咲いています。
ガイドさんや添乗員さんが花の名前を説明してくれるのですが、とにかく花が多く、覚えきれません。
写真はいっぱい撮ったのですが、花と名前が一致しません。
たぶん、一致しているであろう花からご紹介します。
d0048312_20284846.jpg

センダイハギです。
割合多く見られました。群生しているところは見事です

マメ科の植物
d0048312_22113361.jpg



d0048312_2035919.jpg

チシマフウロです。
島全体に咲き乱れていました。

フウロソウ科
d0048312_22163521.jpg


d0048312_204095.jpg
おなじみのハマナスです。
これから咲き始めるそうです。
海岸線だけでなく、あちこちで見られます。

バラ科
d0048312_2220285.jpg



d0048312_2047293.jpg
ミヤマオダマキです。
栽培品のオダマキの原種と考えられているそうです。

キンポウゲ科
d0048312_22234659.jpg


d0048312_20523666.jpgレブンシオガマです。
葉が4枚ずつ輪生しているものはヨツバシオガマですが、この花のように葉が6枚、または5枚輪生して、壮大なものは特にレブンシオガマと呼ばれています。
ゴマノハグサ科
下はヨツバシオガマです
d0048312_22302696.jpg


d0048312_2141346.jpg

レブンソウです。
茎や葉柄に白い毛が密生しているのが特徴です。

礼文特産の植物

マメ科

さて、今回、最大の期待を寄せていた、レブンアツモリソウです。レブンアツモリソウは名前の通り、礼文島の固有種で、あまりにも盗掘されるので今は厳重に保護されています。山の群生地は閉山されていましたが、ふもとの木道のところにまだ最後の花を見せてくれました。
レブンアツモリソウは花が咲くまで5~6年かかり、花は10日間だけ咲くそうです。葉の枚数で何年物かわかるそうです。この日はお天気も良く、私たちは幸運でした。
レブンアツモリソウの白花です。
d0048312_21232752.jpg

クリーム色のレブンアツモリソウです。 アツモリソウはラン科の植物です
レブンアツモリソウは、手で触れることも禁じられています。人の手には油があり、触ると枯れてしまうそうです。
d0048312_21243667.jpg

d0048312_21333792.jpg

イワベンケイです。
黄色い花が雄花
赤い花が雌花です。
ほとんどの花は雄花のほうが綺麗ですが、これは雌のほうが綺麗ねって、女性陣は喜んでいました。

ベンケイソウ科
d0048312_21382513.jpg

ネムロシオガマです。

ゴマノハグサ科


イブキトラノオです。草地に群落を作ります   タデ科の植物
d0048312_21473732.jpg

レブンコザクラです。  サクラソウ科
d0048312_2205135.jpg

d0048312_22412961.jpg
レブンキンバイソウ  キンポウゲ科


キジムシロです。  バラ科
黄色い花は似たようなのがたくさんあって迷いますが、このキジムシロは茎が赤いので見分けやすいです
d0048312_22475754.jpg

ミヤマキンポウゲ   キンポウゲ科
d0048312_22595510.jpg
d0048312_2314387.jpg


まだまだ沢山ありますが、名前のわからないものや、一致しないものがあり、少しずつ調べたいと思います。
ガイドさんも、全部覚えるのは無理だから、「さまざまな花」が咲いていたと言えばいいのです。と、おっしゃいました。礼文島でのバスガイドさんは綾小路きみまろ顔負けの名調子ガイドさんでした。

明日に続く
[PR]
by mmi331 | 2012-06-21 22:01 | おでかけ | Comments(6)
Commented by 芝狩りおじさん at 2012-06-22 03:57 x
mmi331さん

礼文島の花々、素晴らしい。訪ねてみたいと思いながら夢に終わりそうです。家内も数年前に行っていますが、こんなに花を楽しまなかったようです。繰り返し楽しめます。明日が楽しみです。
Commented by コスモス at 2012-06-22 06:42 x
おはようございます、ご無沙汰していますがいつもだんまりで楽しませていただいています。

一度はいってみたいと思いつつ実現しないでいます、
めずらしい花の数々を楽しませていただいています、
ありがとうございます。
Commented by りゅうまま at 2012-06-22 09:19 x
礼文島はお花の宝石箱の様ですね
(何処かで聞いたようなフレーズ)^^;
自然の花は自然のまま大切に残しておきたいものです
ガイドさんの仰る意味がとてもよく理解できます♪
余りにも種類が多いと花の名前は覚えきれませんによねー

写真の整理が大変でしょう~
それでもそれは楽しみにの一つだからゆっくりアップして下さいね

うちは昨夜の時点で稚内に泊まっていると連絡有りました
さて今日は何処へ出かけているのやら!
(花の写真を沢山撮っているからと言われ楽しみにしているの)♪
Commented by mmi331 at 2012-06-22 23:26
Tigerさん、こんばんは
Tigerさんが、もし、礼文島に行かれたなら、きっと、もっと素晴らしい写真が撮れると思います。
この美しい花々がさらに素晴らしいものとなるでしょう。!

機会がありましたら是非訪れてみてください。
Commented by mmi331 at 2012-06-22 23:29
コスモスさん、ようこそ。
こちらこそ、いつもお庭のかわいいお花や、センスのいい加工を見せていただいています。

お花好きのコスモスさんなら、礼文島に行かれたらきっと感激すると思います。
でも、旅行はお天気次第です。
私はちょうど良いときに行けてよかったです。

コメント、ありがとうございます。
Commented by mmi331 at 2012-06-22 23:34
りゅうままさん、
ご主人のお帰りが待ち遠しいですね!
素敵な写真を送ってこられることでしょう。

無事にお帰りになって、お土産話をたくさん聞かせてくださることを楽しみにしましょう。♪♪
<< 利尻、礼文の旅  礼文島の花 その2 利尻、礼文旅行  一日目ハサミ没収 >>