袖口カバー
もらった袖口カバーはとても便利だし、簡単に作れそうだったので早速サイズなどを測って、ミシンを出しました。1時間もあれば作れると思っていましたが、失敗の連続で2晩もかかってしまいました。(^_^;)
d0048312_21162178.jpg

もらった袖口カバーです。→
出来上がり寸法を測ったら20センチ×10センチでリバーシブルになっており、ちょっとフックにかけられるように紐がついています。紐はチロリアンテープ、袖口ゴムは2本です。

そこで、家にあるものだけで作りました。
1対:表生地42センチ×12センチ(縫い代込)を2枚、裏生地同寸法で2枚、計4枚
    袖口ゴムは手首の周りの長さぶんを4本。紐2本(無くてもよいかも)
失敗ついでに2対作りました。
模様のあるほうは模様の関係で42×15になっています。
d0048312_2125102.jpg

まず、表地と裏地を中表に縫う(42センチのほう)。このとき、ひもを内側にはさんでおく。
つぎに、縦にして中表にして縫いますが、ゴム通し分を除いて縫い、縫い代は割っておく。
表に返し、すそは裏表とも縫い代を内側に折り、端ミシンを掛ける。ゴム通し部分にミシンを掛け、袖口にも端ミシンを掛ける
ゴムひもを通す。きつさはゴムの結び目で調節しました。・・・・こんなもんでよかったかな?
ペイントで描いたらぐちゃぐちゃになってしまいましたが、後のためメモしておきました。もっと簡単な方法があったら教えてくださいませ。
d0048312_2234356.gif



模様のウサギがかわいかったのでオートシェイプで描いて見ました。
フリーフォームが役に立っています。エプロン、タオルの柄は「その他のテクスチャ」でマイピクチャーにある模様を使用しました。
d0048312_22263393.gif

[PR]
by mmi331 | 2010-11-17 22:19 | Comments(0)
<< パンのシールでトートバッグ 金魚は元気です・・・・が >>