ワード絵とJTrim絵
PictBearSEで切りぬいた金魚とワードで描いた団扇をワード画面で重ねました。団扇の骨の部分が透過されているのがわかります。
d0048312_95887.jpg

末摘む花さんの花火がとっても素敵だったので私も自己流簡単花火をJTrimで描いてみました。word絵の花火で苦労した分、JTrimでは簡単に描けました。作り方はワード絵と似ています。
フォントのを使用しました。(@DHP平成明朝体W7)
下の点は黒で塗潰しましたが、あっても良かったかも。ワード絵よりも簡単に出来ました。
 
d0048312_9352497.jpg

500×500黒キャンバスのまん中上に色フォントを置き、コピー、フリップ回転、明るい画素優先合成。コピー、90度回転、明るい画素優先合成。全選択、コピー、45度回転明るい画素優先合成。全選択、コピー、22,5度回転、明るい画素優先合成。全選択、コピー、RGB交換で色を変え、11.25度回転、明るい画素優先合成。最後に周りの薄い線を消すため、黒背景で円形切抜き。後はリサイズしてRGB交換で色を変え、中に合成。
これをコピーして別JTrimに貼り付け、全体を縮小、RGB交換や、セピア色変換で色を変えながら元画像に配置しました。(元画像の右と下に100の余白(黒)を取っています)

末摘む花さんのように優雅で完璧な花火ではありませんが、楽しく遊べました。

ついでに、昨日のレモンに艶と種を描くのを忘れたので追加しました。(JTrim)
d0048312_991861.jpg

[PR]
by mmi331 | 2010-08-07 21:30 | 画像加工 | Comments(2)
Commented by bibi at 2010-08-20 22:03 x
昨日は、有難うございました。
参考にさせていただきました。 ( _ _ )ペコリ!!
Commented by mmi331 at 2010-08-21 21:29
bibiさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
<< ハワイの花火 ワード絵・うちわ と JTri... >>