秩父札所めぐりと新そば
朝6時に起きて、秩父へ出かけました。
新そばを食べたいのと、干し柿用の柿を買ってくるためです。(連れ合いの希望)
布団と仲良しの今日この頃、早朝は辛く、朝食も食べず、お茶も持たずに飛び出してしまったので途中でお腹が空いてしまいました。新そばを食べるために我慢していましたが、ネットで探した肝心のお蕎麦屋さんは11時半からの営業でした。仕方が無いので途中のお店で蕎麦を食べました。ネットには載っていませんでしたが、蕎麦は秩父の新そばで美味しかったです。思ったより腰のある蕎麦でした。粋心亭あじ岬です。後で調べたらこちらも11時半からでしたが、私たちが聞いたとき、快く受け入れてくれました。
せっかく秩父に来たのだからと、札所めぐりをしました。今日は8番、6番、7番、10番、5番、4番、15番の札所を廻りました。
最初に行った8番札所の西善寺の境内にあるモミジの木はびっくりするほど大きくて、木の根元にはコケが生えており、年月を感じさせました。まだ紅葉していませんでしたが、紅葉したら見事だと思います。一度にカメラに収められなくて、2枚の写真を合成しました。コミネモミジだそうです。これで1本の木です。
d0048312_2220378.jpg

4番札所の金昌寺モミジは赤く色づいて綺麗でした。寺には石仏が多く、周囲の山道にも多くの石仏が佇んでいました。でも、多くは首が取れていて、代わりに石が載せてありました。心無い者の仕業か年月の風化によるものかはわかりません。
d0048312_1192620.jpg
このお寺の境内の一角に蕎麦を食べさせてくれるところがあります。夫が以前来たときに食べたらおいしかったと言うので、今食べたばかりなのに2人で1つ食べようとおそばを1つだけ注文したのですが、お店を切り盛りしているお母さんが、とても親切でサービスが良く、自家製の佃煮やお漬物やおつまみ、デザートのりんごまで出してくださいました。一緒に食べていたほかのお客さんも私たちが帰る時、「お大事に」といってくれました。あぁ、これがお接待の気持ちなのかなぁ、と嬉しい反面半ば申し訳ないような気にもなりました。(私は今のところどこも悪いところはないので・・・・あ、あった。今回2箇所でおびんづる様の頭をなでてきました。))
大盛の蕎麦と自家製野菜のてんぷらがついて700円です。うっかりしていると見過ごしてしまうようなお店です。
d0048312_23172266.jpg

[PR]
by mmi331 | 2009-11-01 23:27 | おでかけ | Comments(0)
<< 農産物直売所めぐり・蜂屋(ハチヤ)柿 2009年 10月の加工 まと... >>